体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Faint★Star 七夕の夜に魅せたガールズ・ポップ新時代の幕開け

Faint★Star 七夕の夜に魅せたガールズ・ポップ新時代の幕開け

7月7日に1stアルバム「PL4E」をリリースしたガール・ポップデュオFaint★Starが同日、渋谷の2.5Dにてリリース・パーティーを開催した。

七夕の夜、19時のオープンと同時に開場を今か今かと待つファンが流れ込み、リリースパーティーともあって、会場はお祝いムードのなごやかな雰囲気に包まれていた。

オープニングはDJ ABOのプレイからスタート。1曲目にはFaint★Star、そして七夕にかけて、美しいピアノとボーカルの「When you wish apon a star」をスピン。ゲストであるカジヒデキと、ホストであるFaint★Starをたたえ、渋谷系からネオ渋谷系への流れを意識した選曲に。小沢健二「ラブリー」、カジヒデキ「エンジェリック・シンフォニー」、TOWA TEI「Luv Connection」をはじめ、バニラビーンズがカバーした「東京は夜の7時」やNegiccoの「圧倒的なスタイル」などが続き、会場の温度は上がっていく。

Faint★Starの2人が登場すると会場から大きな歓声が。この〈Tokyo Sound Collection〉というイベントの特徴は、2人がまるで音楽番組、ショーのMCを務めているかのようなトークパートと、ライブパートに分かれていること。様々なゲストを迎え、イベントタイトルのとおり「サウンドをコレクトしていく」というコンセプトのもと、これまでNegiccoやEspecia、ORESAMA、仮谷せいらをゲストに迎え、リアルタイムでもライブストリーミングし渋谷から「今聴いて欲しい音楽」を世界に発信し続けている。

オープニングトークから「今日が5回目ということでね、今夜はHINA、ダイブしちゃおうと思いまーす!」というHINAの天然ぶりにも勢いが増し、それを優しくサポートするYURIAとのコンビネーションにも磨きがかかっていた。

「今夜もサウンドをコレクトしていきましょう!」「カジヒデキさんのライブになります!」という、YURIAの溌剌とした掛け声のもと、彼女たちの1stアルバム「PL4E」リード曲、「Boyfriend -A.S.A.P-」のリミックスで参加したカジヒデキが登場。カジはサポートにドラマーのつなかわ和行を迎えステージに現れ、歓声が沸き起こる。

1曲目には「ビーチボーイのジャームッシュ」。一気にさわやかな風が吹いているかのような空間に2.5Dが様変わる。間奏では「『あーわっあーわ』と言ってください!」と、フロアに向け繰り返し明るく投げかけ盛り上げていた。

続いて映画「デトロイトメタルシティ」の主題歌である「甘い恋人」。サビでは「最高!超最高です!エビバディ渋谷!Faint★Starアルバムリリースおめでとう!」と祝福のメッセージを放ち、「今日、最後の『甘い』だよ!」と拍車をかけては「甘い、甘い、甘い、甘い」と女性だけでなく、男性の声が響き渡り、「今までで一番男性声の『甘い』でした(笑)」との曲終わりのコメントに、会場からは笑いがあふれた。続いて、HINAがトマパイ時代にライブで共演したことのある、かせきさいだぁが歌詞を手掛けた「灼熱少女」を披露。「シヴィラはある日突然に」も披露された。

「(僕のことを)知らない方もたくさんいると思うんですけど、アウェーだと思っていたんですが優しさに感動している次第です。」「アルバム最高でしたね。「Sleeping In Your Car」もどの曲もいいですね。「フィルム!フィルム!フィルム!」もいいですし
」と、日本のポップ・ミュージックの歴史において重要人物であり、来年でデビュー20周年を迎える大御所でありながらも、こんなにも気さくで温かいトークをし、「今夜は聖地渋谷に帰ってきてすごく嬉しいなと思うんですけど!」との発言には、会場から大歓声が上がった。

「次の曲は真夏のようなFaint★Starさんに贈ります。」と言い「亜熱帯ガール」を。そして「君とサマーと太陽がいっぱい」では巻き起こる大きな手拍子のもとプレイされた。サポートのドラマー・つなかわ和行を紹介し、ラストに「ラ・ブーム ~だってmy boom is me~」で締めくくり、割れるような拍手の中、圧巻のステージを終えた。「私の中では歴史上の人物という認識です。」とその偉大さを形容するほど、今回のカジによるリミックス参加とライブ出演に心から感謝している様子のYURIA。「今日、HINAたちも半ズボンはいてきたんです。」とHINAが言うと、カジも会場も大きな笑いを誘った。

いよいよFaint⋆Starのライヴ。1曲目は「Hurly-Burly」。この楽曲はアルバムの1曲目でもある曲で、実はトマパイのシングル候補曲だった曲と言われているが、歌詞には「シーズン2 開演の合図」というフレーズが入っていたり、まさにFaint★Starのための楽曲として新たに生まれ変わった1曲だ。YURIAの「さあ一緒にみんなで歌いましょう!」という掛け声のもと、2曲目にはFaint⋆Starが結成し、初めてレコーディングされた楽曲「Sleeping in your car」が。会場3面の壁にプロジェクターで映しだされるこの曲のMVをバックに、スウェディッシュでアッパーなギターポップ風サウンドが響く。

1 2 3次のページ
エンタメ
OTOTOYの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy