ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

子育てママの再就職支援!新たな働き手として母親が担う期待

DATE:
  • ガジェット通信を≫

東京都多摩市が子育てママ支援で保育施設への補助金制度を創設

東京都多摩市では、子育てママの就職支援策として企業などが保育施設を新設する場合、500万円を上限として、整備費の一部を補助する制度の申込みを開始しました。キッズスペース、おむつ交換スペースなどの従来の保育施設だけでなく、就職支援室も条件となっており、利用対象を自社の従業員だけでなく、外部にも広げるよう明記されていることが特徴です。

子育てママの再就職には、就活中から子どもの預け先が必要

小さな子供を持つ母親が再就職に苦労し、途中で断念してしまう原因は、「子供の預け先」と「自分の仕事」を並行しながら探す難しさがあります。一般的に保育園の入所基準は既に働いている人が優先され、まだ仕事が決まっていない場合は順番待ちになることがほとんどです。

仕事を探す際にも、子供の預け先が決まっていなければ就業開始時期を伝えられず、就業のチャンスを逃してしまう可能性もあります。さらに、面接時の子供の預け先がなく、断念してしまうというケースまでも。子育てママの再就職には、就職活動を開始した時から子どもの預け先が必要なのです。

独身時代とは異なる就活方法

子どもの預け先が見つかれば、仕事をすぐに始められるというわけでもありません。子育てママの就活は、独身時代とは大きな違いがあります。「時間の制約」「緊急時の対応」です。保育園のお迎え時間を考慮すれば、何時に職場を出なくてはならないという時間の制約が発生します。

また、子どもの病気で急な早退や休みを取る可能性もあるのです。それでも採用してくれる会社はあるか、面接でどのように伝えればいいのか、という不安も付きまといます。さらに、数年ぶりに仕事へ復帰する場合は、慣れるまでの不安もあります。就職してから家庭との両立が無理なくできるかどうかも心配です。子育てママの再就職には、ママの事情に合わせた仕事の紹介とスムーズな就業へのアドバイスができる就職支援機能があることが大切なのです。

ママの再就職支援が地域を変える

労働人口の減少が課題の現代、子育てママの再就職は新たな働き手の確保という意味でも注目を集めています。時間の制約や緊急時のフォローが必要になりますが、活用する企業にとっては大きなメリットがあるのです。

子育てや消費者の視点、育児経験を生かした若手の育成、職場のコミュニケーション力の活性化、短時間で実績を出す生産性の高さなどによって、職場のモチベーションが上がる存在となる可能性を持っています。また、子育てママの活用は、多様な人材を活用する企業として新卒や男性にも良いイメージを与えます。冒頭の多摩市の取り組みのように自治体を巻き込めば、地域活性化へもつながっていくでしょう。

そのためにも、設備を新設するだけでなく、まだ家庭にいる再就職予備軍のママたちへの継続したアナウンスと、粘り強い支援実績の積み上げが大切です。再就職を希望していても「何から始めていいのかわからない」「どこへ相談していいのかわからない」という女性は、まだまだ数多く存在するのです。

(島谷 美奈子/キャリアカウンセラー)

関連記事リンク(外部サイト)

主婦の味方「超時短勤務」で賢く再就職
家事代行に外国人解禁、働く女性支援につながるか?
「貧困女子」急増の背景と求められる支援策

カテゴリー : 政治・経済・社会 タグ :
JIJICOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP