ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

築35年の団地の和室を舞台に新しい団地の生活スタイルを提案!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

築35年の団地の和室がオシャレなアトリエ兼住居に大変身!ベイクルーズが展開するACMEは、UR賃貸住宅とコラボレーションし、新しいモデルルームを7月31日までの期間限定で大名団地(福岡県中央区)にオープンした。

舞台となる団地は築35年の和室で構成された間取りの物件。

その間取りで構成された物件を若い世代により関心を持ってもらうことを目的に、今回、journal standard Furnitureがコーディネートし、新しい団地のスタイルを提案する。

部屋のコンセプトは、“A little atelier of semi-Western style ~花と文字のある暮らし~”。外国人のフラワーアーティストと、イラストレーターである日本人の妻の2人の日常の物語が感じられる部屋を再現した。小さいながらも住居に作品製作のためのアトリエがある…。そんな新しい団地の生活スタイルを見ることができる。

■Dining&Living Room ※A

■Bed Room ※B

■Atelier ※C

どこか懐かしくて、それでいて新鮮!部屋づくりの参考にしてみてはいかがだろうか。ACMEはこちら(http://acme.co.jp/)。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ストレートプレスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP