ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

朝、コーヒーを飲むより大切にしたい「10の習慣」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

身体に不調はないけれど、何だかやる気がでない、最高な状態ではないという方は必見! Nadya Andreeva氏が「mindbodygreen」に寄稿した、1日をエネルギッシュに気持ち良く過ごすために、コーヒーを飲むよりも大切な習慣という記事をご紹介します。

ここでは多くの人に当てはまる心身共に幸せで健康的な生活を送るために役立つガイドラインをご紹介します。毎朝行うべき9つの手順は次の通りです。

01.
一日の目標を設定する

目が覚めて、なかなか動けないなら、ベッドの上でその日の目標を設定しましょう。どんな1日にしたいかを具体的に想像してください。そして、どうすればそれを実現することができるかを考えてみましょう。何気ない毎日に意味や張り合いが出てきます。

02.
舌磨きで健康チェック

歯磨きの習慣に加え、毎日舌を磨くことをおすすめします。舌の状態を注意深く見てみてください。舌が厚く舌苔でコーティングされている場合は 、消化器系に負担がかかっている可能性があります。

舌磨きの方法は簡単。舌磨き用のブラシを使って、舌の奥から手前に向かって7~10回程度軽くこするだけ。歯ブラシだと、バクテリアなどの細菌や毒素を舌に押し込むことになるので、必ず専用のブラシを使ってくださいね。

03.
今あるものに感謝する

歯を磨いている間に、携帯電話をいじったり悩みごとについて考えたりしないように。その代わりに、あなたが今感謝できるものを見つけてみてください。

歯磨きのように毎日必ず行う習慣と組み合わせれば、感謝する習慣も簡単に行えるようになります。私にとっては、本当に楽しい時間であり、「しあわせ脳」になれば物事の捉え方も変わっていきます。

04.
疲れ目のリフレッシュ

目は、私たちが周りの世界から情報を得るために大きな役割を果たしている部分です。より鮮明に認知できるように、リフレッシュさせましょう。

まず、冷たい水で目を洗い、優しくまぶたをマッサージします。7回まばたきをして、左右上下に目を回転させ筋肉を解せば完了です。パソコンに向かう時間が多い方は、ローズウォーターをシュッとまぶたに吹きかけてみて!

05.
白湯を飲む


レモンを絞った白湯、またはハーブティーを朝に飲むことは、消火器系を活発に働かせてくれます。また、腸の動きを刺激し便通を促す作用も。

06.
深い呼吸を意識する

正しい呼吸法を忘れ、浅くて速い呼吸をしているのが私たちです。数分間、深呼吸を行うことで、神経を鎮静させ、より穏やかな感情取り戻し、思考力を高めることができます。最も単純で効果的なリラックス方法の一つなので、覚えておきましょう。徐々に日常底に深い呼吸ができるようになります。

07.
毎朝5分運動する

毎朝たった5分間運動するだけで大きな変化が生まれます。朝食を作る間にダンス、犬の散歩、20回ジャンプしてみる、ヨガのポーズ。何かしら身体を動かすことで、体の巡りはよくなります。私のお気に入りは、毎朝ヨガか10分間のトランポリンをすることです。1日中身体を動かさず座っていてはいけません。私たちはもっと身体を活発に動かすべきです。

08.
毎朝排便する

朝の白湯だけでは腸活動が十分にならなかった場合は運動をするなど、排泄が促されるように心がけてみて。便秘せず、綺麗な腸内環境でいることが重要です。

09.
シリアルよりスムージー!


グラノーラやシリアル、ベーグル、フルーツパフェなどよりも、アボカドと卵のサラダ、ココナッツミルクで作ったチアプディング、スムージーといったものがオススメ! 健康的な産地で育てられた、加工されていない食材を選び、たんぱく質と脂肪、多少の炭水化物を摂取してください。

これらの習慣は、わずか25分で行うことができるものですが、快適な1日を過ごすために、重大な役割を果たしてくれます。あなたも朝の習慣を見直して、エネルギーに溢れた快適な1日を過ごしてみませんか?

Licensed material used with permission by mindbodygreen

関連記事リンク(外部サイト)

「年収1000万稼いでも、幸せじゃなかった」。20代の若者が行き着いた「ミニマリズム」とは?
貧乏だって幸せ。お金をもたずに「億万長者の気分」を味わう女性のハナシが深い
モノを減らすのではなく、そもそも「モノを買わない」ススメ

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP