ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【Interview】家庭用ロボット新時代到来!普及の鍵を握る「Patin」に密着

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Pepperの登場で、にわかに活気づいた感があるロボット市場。人間とロボットの共存社会が、いよいよ現実のものとなりつつある。

フラワー・ロボティクスが開発した「Patin」も、そんな未来を予見させる製品の1つ。

6月に自社のフェアにて、プロトタイプを発表。実機によるデモンストレーションを行い、好評を博した。

家庭用ロボットを、日常生活に浸透させるのが狙いの同社。代表取締役社長であり、チーフデザイナーの松井 龍哉(まつい たつや)氏に、詳しい話を聞いた。

・使いやすく生活になじむ形を追求

Q1:「Patin」開発の経緯を、お聞かせください。

創業以来、フラワー・ロボティクスのビジョンは“ロボットを日常の風景にすること”であり、その信念に基づいて、さまざまなロボットを開発・販売してきました。(中略)

ロボットは、最先端の技術を集積して作り上げるものですが、どれほど優れた機能を持っていても、人が利用する現場に適応しなければ、価値がありません。(中略)

そうなると、可能な限り人間の姿形に似せる、ということが本質ではなく、人が機能として使いやすい形状、日常になじむ存在に作り上げる必要がある、と想像しました。

そこで、新たに登場する未知の存在ではなく、すでに社会・家庭のなかにあるモノの延長線上にあるロボットとして、台車型の「Patin」を創り出したのです。

Q2:「Patin」の特徴について、教えてください。

一番の特徴は、台車型の形状をしていること、サービスユニットを本体に乗せて利用する点です。(中略)

ユーザーは、「Patin」上部に取り付ける、サービスユニットを付け替えることで、さまざまな機能が利用可能となり、活用の幅を広げることができます。(中略)

また、多くのロボットは、コミュニケーションに軸を置いたものですが、「Patin」はあくまで、“利用者の生活をより便利に快適にする”補助具としての存在であることも特徴です。

私たちがめざすロボットとは、おもちゃや人の寂しさを埋めるためのものではなく、人の生活をより豊かに快適にする存在なのです。

・一般販売は2016年秋冬頃を予定

Q3:今後の展開について、教えてください。

製造のスケジュールとしては、今後は量産するためのプロセスに入り、2016年秋・冬までに、一般販売できる状態まで進める計画です。

ただし、「Patin」のような家庭用ロボットは、プロダクトとして存在しないため、家庭用ロボットの価値を世に広めていく必要があります。そのため、一般販売に先駆け、開発者や一部の利用者に対して、「Patin」を試験提供することを、想定しています。

家庭用ロボットの普及には自社だけでなく、少し先の未来のライフスタイルをともに考え、思いを同じくするパートナー企業と協力して行なう予定であり、発売までにプロモーション等にも、力を入れていくつもりです。

Q4:これからの社会で、「Patin」はどのような役割を担っていくのでしょうか?未来の展望をお聞かせください。

ロボットとは、最先端の技術を具現化した存在であるだけでは不充分であり、その機能が社会や人々に還元されてこそ、価値があるものです。

現在のテレビや洗濯機、冷蔵庫のように、あたりまえに家庭の中に存在し、利用されて初めて、家庭にロボットが普及したと言えるでしょう。

(「Patin」だけではなく)今後、他の事業者が生み出すであろうロボットも含め、日用品として、ロボットが人の生活になくてはならないものになる、そんな未来が訪れることを、期待しています。

Patin(フラワー・ロボティクス ホームページ)

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP