体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

C.ロナの肉体を毛穴まで限りなく再現した等身大「サイバー・クローン」登場 筋肉隆々の肉体に会いに行こう!

株式会社MTGは、世界最高峰のEMS研究とトップアスリートのトレーニングメソッドを融合して生まれたウエアラブルトレーニングギア「SIXPAD(シックスパッド)」を7月7日(火)に新発売した。

そして「SIXPAD」の魅力を伝えるため、開発パートナーでイメージキャラクターのクリスティアーノ・ロナウド選手の肉体を忠実に再現した「サイバー・クローン」を製作した。

この「サイバー・クローン」は、等身大のクローンフィギュア。クリスティアーノ・ロナウド選手の美しい肉体を、ビジュアルはもちろん皮膚の質感や毛穴まで限りなく実物に近づけたもので、メディアにも取り上げられ話題となっている。

腹、腿、腕の一部はスケルトンになっていて、C.ロナの筋肉がトレーニングギア「SIXPAD」により動く様子を可視化している。眼球と目の周りの筋肉はアニマトロニクスの技術で動くため、表情を変化させることもできる。

今回のプロジェクトは、ハリウッドの世界No.1特撮映画スタジオ「Legacy Effects社」の協力により実現。「Legacy Effects社」は『アバター』のキャラクターデザインや『アイアンマン』シリーズのスーツ製作などを手がける会社。
3Dプリンティングにおける世界的リーディングカンパニー「ストラタシス社」の3Dプリンティングの先端テクノロジーと、「Legacy Effects社」の匠の技が融合して、C.ロナの肉体を忠実に再現することができたのだ。

今後、このクリスティアーノ・ロナウド選手の「サイバー・クローン」は、日本をはじめアジア各国を訪問し、「SIXPAD」の魅力を伝えていく。

クリスティアーノ・ロナウド選手と言えば、ピッチ上でユニフォームを脱いで、筋肉隆々の体で歓喜する映像が目に焼きついている人も多いだろう。どれだけ本物がすごいのか、忠実に再現された等身大のクローンフィギュアで確かめてみよう!

ストレートプレスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。