ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

マツコロイドがシュワルツェネッガーに、まさかのインタビュー「この収録はスパイシー!」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 映画『ターミネーター:新起動/ジェニシス』のキャンペーンで来日しているアーノルド・シュワルツェネッガーが、マツコ・デラックスと共演を果たしたことが分かった。

 今回、共演した番組はマツコがもう1人のマツコと繰り広げる「マツコとマツコ」だ。番組内の企画として、T-800ターミネーターことシュワルツェネッガーに、マツコロイド(マツコそっくりのアンドロイド)を介して、マツコ・デラックスがインタビューを実施。同時通訳はテレノイド(遠隔操作型アンドロイド)に扮した戸田奈津子が担当するというプロジェクトが敢行された。

 都内某所で実施されたインタビュー。マツコロイドとテレノイド通訳が待ち受けている部屋に入ってきたシュワルツェネッガーは、最初驚きの表情を見せるが、さすがはハリウッドスター、即座に状況を理解。マツコロイドにこの状況はどう思うか?と聞かれて、「スパイシー(痛快)でインタレスティング(面白い)!」と絶賛。これまで世界中で数多くの取材を受けてきたシュワ自身にとっても、アンドロイドにインタビューされるのは生まれて初めての体験だ。シリーズ最新作についてシュワは「10年前だったら、この映画はできていなかった」と力説し、マツコは「技術の進歩がすごい」と驚きの表情をみせた。映画『ターミネーター』だけでなく、シュワの指輪に興味津々のマツコ。シュワは「知事の時のリングと、『ターミネーター』のリング」なんだと嬉しそうに語った。

 そしてインタビューの最後は、マツコ本人がインタビュー部屋に登場しシュワと対面。ここからシュワのテンションはMAXとなり、自分のスマホを取り出し、マツコとマツコロイドとシュワルツェネッガーの3ショットでセルフィー(自撮り)を開始した。インタビューを終えたマツコは「知事のときより、鍛えていた! ゴツかった!」と驚きの様子。シュワもこの企画を楽しみにしていた様子で、「この企画は素晴らしい!」と満足げだった。シュワルツェネッガーが出演する「マツコとマツコ」は7月11日に放送される。

写真(C)2015 Paramount Pictures. All Rights Reserved.  (C) NTV

関連記事リンク(外部サイト)

シュワちゃん完全再現『ターミネーター』最新作の新旧T-800共演にスタッフ一同涙
シュワルツェネッガー×声優・玄田哲章が初対面、「私の声を100年間やってほしい」
西内まりや、シュワルツェネッガーとの対面に大興奮 頬キス贈られ「胸がいっぱい」

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP