ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『水曜歌謡祭』SPゲストロナウド登場でナオト・インティライミとリフティング、解散直前キマグレンが圧巻「LIFE」、妊婦中一青窈x三浦大知による「もらい泣き」コラボ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 フジテレビの音楽番組『水曜歌謡祭』が7月8日に放送。今回は「名曲タイムマシン」を中心に、世界のロナウドがサプライズ出演と、超豪華な2時間スぺシャルとして開催された。

 冒頭から目を疑うような光景が飛び込んでくる。昨年に続き2年目の来日を果たした、現役にしてサッカー界のレジェンド、クリスティアーノ・ロナウドが、赤のTシャツにデニムと、ラフなスタイルで登場した。

 今回は、ロナウド氏に“元気でる日本の名曲”をプレゼンするという企画で、自身もサッカー畑出身の、ナオト・インティライミが歌う「The World is ours!」からスタート。サンバ・サウンドがスタジオにラテンの風を運び、会場を熱くさせた。さらに曲後、ナオトからのリクエストで、ゲストの前園真聖と3人でリフティングをするという、夢のようなコラボが実現。ロナウドもご満悦の様子で、オープニングから超豪華な2時間スペシャルの幕開けに。

 CM開けは、「名曲タイムマシン」の第一部“1986年”編。故ダイアナ妃・フィーバーなど、当時のエピソードを振り返り、少年隊やチェッカーズ、渡辺美里やTUBEなど、86年を彩ったアーティストの映像を紹介。その中から、まずはJ-AORの代表格、杉山清貴のサマー・チューン「さよならのオーシャン」と「ふたりの夏物語」を披露。細身のデニムにデッキシューズと、当時を彷彿させるファッションに、涼やかで透き通ったヴォーカルが、あの夏を蘇えらせた。共演を果たしたDAIGOも、“YYJ(夢のような時間)”と、笑いを誘いつつ絶賛を。

 そのDAIGOには、今週の出張歌謡祭の会場である、上野精養軒屋上のビアガーデンから、赤い浴衣姿で登場した安倍なつみより、デュエットのお誘いを受け、急遽スタジオから移動の指令が下される。こういった演出も、80年代風の音楽番組のようで、懐かしさを誘う。

 続いて、“1986年”編から、翌年の年間アルバム・チャートで首位を記録した荻野目洋子が、そのアルバム『NON-STOPPER』から「六本木純情派」と「ダンシング・ヒーロー」を披露。共演したFlowerも圧倒させられるほど、まったく劣化を感じさせない風貌と歌声、キレのあるダンスに、驚かされる。
荻野目のステージに続いては、バラエティ番組でもお馴染みとなった大友康平が、HOUND DOGのブレイク曲「ff (フォルティシモ)」を熱唱。普段見せないシンガーとしての顔と、サビ前の“えぇぇぇ”の再現に、会場のゲスト陣も拳を挙げて大盛り上がりだった。

 企画「元気が出るソング」には、ゲストの藤田朋子が当時大ファンだった、タケカワユキヒデが出演。当時から現代に至るまで、受け継がれ続けている「MONKEY MAGIC」からスタートし、「ガンダーラ」、そしてEXILEのカヴァーで再熱した、「銀河鉄道999」というセットリスト。全編英語歌詞の先駆けとなった「MONKEY MAGIC」のファンク・グルーヴから、異国の夕日が滲む「ガンダーラ」、ディスコフロアが蘇る「銀河鉄道999」まで、全曲が洋楽のカヴァーのようなクオリティに、改めてタケカワの才能を感じさせられた。

 CM開け、何とか会場に間に合わせたDAIGOと共に、安倍なつみとバラクーダの3人がコラボする「日本全国酒飲み音頭」を、上野精養軒屋上のビアガーデンからお届け。会場のほろ酔い客を巻き込んで、歌詞に合わせて四季折々の小道具を使いながら、「酒が飲める」の連呼を響かせた。まさにビールが飲みたくなるパフォーマンスに、ゲストの前園氏にはちょっと酷な演出だった。

 スタジオに戻り、「名曲タイムマシン」の第二部“1995年”編へ。メジャー野茂の活躍や、音楽業界のバブル期だった、ミスチルやマイラバ、シャ乱Qに福山雅治等のヒット曲を振り返り、95年のミリオンセラー歌手、岡本真夜、浅岡雄也、田村直美が登場。音楽の教科書にも起用されている、岡本真夜の「TOMORROW」を、弾き語りで歌い、泣かせのメロウ「Alone」は水曜歌謡祭でお馴染みとなった、小柳ゆきとデュエット。パワフルな印象を抑え、優しい歌声で包む空間をつくりあげた。

 90年代、起用された曲がミリオンヒットを記録しまくるポカリスエットのCMソング「突然」を増田貴久と共演した浅岡は、髪型も衣装も当時のまま、エヴァーグリーンなイメージそのままに、爽やかなステージを披露。一転して、パワーヴォーカルが持ち味の田村直美は、水曜シンガーズと「ゆずれない願い」をロック魂全開に高音も余裕でキメ、健在っぷりをアプローチした。

 再び、スタジオにはクリスティアーノ・ロナウドが登場。“日本の元気の出る曲”第二段として、キマグレンが「LIFE」を披露。水着のダンサーとラテン・サウンドが夏らしさを強調し、今月で解散を発表したキマグレンの2人にとって、最前列でタオル回しを楽しんだり、演奏後に握手をしてくれたロナウドの存在が、最高の想い出となったはず。水曜歌謡祭一同からの歌の歓迎に、お返しとして自身が広告を務めるMGTの新商品「SIXPAD」を、プレゼント。誰もが憧れる、ロナウドの6パックが実現できる…と、渡部氏も絶賛。

 「名曲タイムマシン」のラストは“2003年”編。宇多田&浜崎の2大歌姫に朝青龍の大活躍など、当時を振り返り、同年の代表曲となった、川嶋あいの「明日への扉」を鷲尾伶菜(Flower)とデュエット。続いて、妊娠6ヶ月をむかえる一青窈が、白のミニ・マタニティドレスを纏い、三浦大知と「もらい泣き」を披露した。ラストを飾るだけはあり、2人の圧倒的な歌唱力と、妊婦とは思えない一青窈のパフォーマンスに、会場の盛り上がりも最高潮をむかえた。

 エンディングには、7月29日よる7時から生放送で開催される、『FNSうたの夏まつり』の出演者が発表された。また、同番組の司会は、水曜歌謡祭の渡部&森高が担当する。次回の水曜歌謡祭は、7月22日(水)よる7時57分放送。デビュー30周年をむかえる、夏の帝王TUBE等が出演する。

Text: 本家 一成

◎番組情報
フジテレビ『水曜歌謡祭』
毎週水曜夜7時57分 生放送
MC:森高千里 / 渡部 健(アンジャッシュ)

関連記事リンク(外部サイト)

『水曜歌謡祭』名曲「上を向いて歩こう」レア・カヴァーから00年代の歌姫ナンバーまで昭和~平成の音楽シーンを網羅した充実の2時間SP
『水曜歌謡祭』ウエディング特集で小柳ルミ子「瀬戸の花嫁」熱唱、安倍なつみ&クリス・ハートはテーマパークから、モー娘オリジナリティ溢れるセルフカヴァー、「ロマンスの神様」が微笑むのは?
『水曜歌謡祭』AKB48総選挙への意気込み、藤井フミヤSPメドレー&木梨憲武とヒロミコラボ曲披露、昭和アイドルメドレーに木梨がローラースケートで乱入

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP