ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

JK100人とリアル鬼ごっこ! 全力疾走の真野恵里菜、篠田麻里子、トリンドルを激写

DATE:
  • ガジェット通信を≫


100人のJKと鬼ごっこが始まった瞬間
ノンストップアクション映画『リアル鬼ごっこ』のトリプルヒロインを飾る、ミツコ役のトリンドル玲奈さん・ケイコ役の篠田麻里子さん・いづみ役の真野恵里菜さんが、都内高校で100人のJK(=女子高生)と本気の鬼ごっこをするというイベントが7月7日(火)に行われた。

これは7月11日(土)から全国公開される映画監督・園子温さんが監督を務めた最新作『リアル鬼ごっこ』の公開に先駆けて、サプライズで行われたもの。

総勢100人にのぼるJKたちの歓声が響き渡る体育館で開かれた白熱の試合模様を、編集部でも追ってきたので、臨場感たっぷりの写真と動画でお届けしていく。

JKたちとヒロインの準備運動

イベントは、『リアル鬼ごっこ』の標的となるのが全国のJKであるということにちなみ、本作のメインヒロインの3人が100人のJKと一緒に、3分間鬼から逃げ回るというもの。もちろん、鬼役もすべてJKだった。

鬼ごっこを始める前にまず、「鬼ごっこのある町」を世界中に普及していくことを目指す団体・一般社団法人鬼ごっこ協会が登場。

協会の方の指導による、屈伸などのストレッチや、お互いに手を握って相手の背中をタッチするという簡単な準備運動が行われた。

リアル鬼ごっこ、開幕!

「映画の撮影ではたくさん練習をして走ったんですが、クランクアップしてからあまり走っていないので自信はないですが、頑張ります!」と語ったトリンドルさんをはじめ、鬼ごっこが始まる直前まで、それぞれが期待と不安の入り混じった様子。

真っ赤なTシャツに大きく鬼と書かれた鬼役のJKたちが登場すると、いよいよ鬼ごっこが開幕!

ものすごいスピードで体育館を逃げ回るものの、どんどん鬼に捕まっていき、JKたちが次々と姿を消していく……。

鬼ごっこは3分間の試合が2セット行われ、ヒロインの3人をはじめ、100人のJKたちも全速力で体育館中を逃げ回る。

第1ラウンドでは、トリンドルさんと篠田さんがなんとか生き残れたものの、第2ラウンドでは、全員逃げ切れず鬼に捕まってしまうという無念の結果となってしまった。

鬼ごっこを終えた後には、ヘトヘトになりながらも「追い詰められる感じが撮影中の恐怖を思い出しました。でも楽しかったです」と語ったトリンドル玲奈さん。

大人になって全力で、笑顔で走ることはないので、すっごい楽しかったです」と、語ったのは2回とも捕まってしまったものの、終始鬼ごっこを楽しんでいた様子の真野恵里菜さん。

残り数秒というところで惜しくも捕まってしまった篠田麻里子さんは「1回目逃げ切ったので2回目も逃げ切れるかと思っていたのですが、6人ぐらいの鬼に追いかけられて逃げ切れなかったですね」と答えた。

リアル鬼ごっことは?

『リアル鬼ごっこ』は、小説家の山田悠介さんが2001年に発表した小説が原作。全国の佐藤さんが次々と鬼に殺されるという斬新な設定で、発行部数が200万部を突破し、これまでに幾度もメディアミックス展開が行われるなど、世代を超えて大きな話題を呼び続けている。

本作でメガホンを握るのは、『愛のむきだし』や『新宿スワン』など、さまざまなジャンルの映画を手がけ、世界中で多くの賞を受賞する映画監督・園子温さん。

園監督による、設定のみを活かした完全オリジナル脚本で生まれ変わる、全く新しい『リアル鬼ごっこ』の世界が展開される。

(C)2015「リアル鬼ごっこ」学級委員会

引用元

JK100人とリアル鬼ごっこ! 全力疾走の真野恵里菜、篠田麻里子、トリンドルを激写

関連記事

カテゴリー : エンタメ タグ :
KAI-YOU.netの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP