ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【7月31日】「ブルームーン」がやってくる。夏の星空を見上げて、貴重な満月に酔いしれよう!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

2015年7月の最終日に現れる、貴重な天体現象を知っていますか?それは「ブルームーン」と呼ばれ、3年に1度しか見ることができない珍しい満月なんです。

「ブルームーン」て何!?

簡単に言うと、ひと月に2度現れる満月のことを「ブルームーン」と呼びます。ちなみに2015年の7月2日に1度目の満月が現れており、その2度目が31日にあたります。

天体情報を紹介するwebサイト「Earth Sky」によれば、残念ながら、必ずしも青く輝く月が見えるわけではないとのこと。しかし、ごく稀に火山の噴火や隕石から発生するガス、塵などの影響で、本当に青く見えたこともあったそうです。

一部では「ダブルムーン」と読んでいた名残という説もあるようですが、とても珍しいことを意味する言葉として使用されることがあります。

例えば、“once in a blue moon”という慣用句は、「稀なこと」を表す言葉でもあります。

その神秘的な意味合いから、歌詞に引用する歌手も多く、カクテルの名前などにも使われています。「叶わぬ恋」という意味もあるようで、女性が男性からのお誘いを上品に断るときに注文するお酒としても知られているようです。

そんなムードあるエピソードとともに、7月31日は誰かと夜空を見上げてみてはいかが?3年に1度の貴重な満月の輝き、必見です!

Reference:Earth Sky

関連記事リンク(外部サイト)

【16年ぶりの天体ショー】7月1日は、金星と木星が最接近!「ダブル1番星」を見に行こう
絶対に試したい!アメリカで話題の「スイカの食べ方」が美味しそう
フィルムアーティストの映像に、世界中が虜になった。オーストリアの絶景6選

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP