体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

旅行者必見!時差ボケにならない「5つのコツ」。ご飯は無理矢理食べて、昼寝は30分まで

150702_jet-lag-2

昼間が眠くなり楽しめず、夜に目が覚めて眠れずに辛い思いをする。特にトラベル歴が長い人は、時差ボケで苦しんだ経験も多いはず。
ここでは、そんな時差ボケを克服するための5つのコツを、YouTubeチャンネル「AsapTHOUGHT」に掲載された動画から紹介。

 01.
太陽を浴びて
体内時計を調節

jet-lag-1

時差ボケを防ぐための最初のコツは、旅行する国の時間に合わせて、意識的に日光に浴びること。

自分の国よりも早く日が沈む東側の国に旅行する時は、できるだけ早い時間に日光を遮断するようにしよう。例えば日本からアメリカに行く場合、現地に昼に到着したら早いタイミングで室内に入るようにする。反対に、日が遅く沈む西側の国に旅行する時は、なるだけ遅い時間まで日光を浴びるように。

説明がイマイチよく分からないという人は、「Entrain」というアプリを使うのがオススメ。現在地と目的地を入力すると、旅行先のリズムに合わせてどのように生活すればよいかアドバイスしてくれる優れもの。

02.
日光代わりに
ライトを使うのも◎

jet-lag-2

仕事の関係などで、早めにカラダを慣らさないといけない時には、ライトを日光代わりに使うのもオススメ。
旅行先の時間に合わせて、東側の国にいく場合はライトをつけて朝早く起きるようにして、反対に西側の国にいく場合は夜遅くまで起きているよう努めよう。

03.
水を十分にとって
アルコールは控える

jet-lag-3

飛行機内の乾燥と低い酸素量は、時差ボケをさらにひどくする。飛行機に乗る前には必ず2杯の水を飲み、乗っている間は1時間に1リットルの水を飲むよう心がけよう。
それが難しい場合は、脱水状態を招いてしまうアルコール摂取をできるだけ避けるように。

04.
無理矢理にでも食べる
血糖値で体内時計を調節

jet-lag-4
1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。