ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ここでしか食べられない山盛りパクチーの定食に感動する / 深せん

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ラム肉とパクチーの炒め飯
1000円

知る人ぞ知る、パクチーを最高の料理に仕上げてくれる中華料理店が、東京日暮里にある。お店の雰囲気は本格中華料理というわけではないが、全国から「ここでしか食べられない味」を求め、パクチー好きが集まるのだ。

店内に入ると、カウンターだけの細長い空間なのがわかる。「中華料理を食べに行く」というより、「定食を食べに行く」という感覚のほうが近いかもしれない。

料理に作り置きはなく、ひとつひとつ丁寧に注文を受けてから作るため、10分ほどかかる。

ふわっと漂ってくるパクチーの爽やかな香りがしてきたら、もうすぐテーブルに料理がやってくるという信号だ。

特にオススメしたいのが、山盛りのパクチーと濃厚なテイストのラム肉が楽しめる、ラム肉とパクチーの炒め飯。

パクチーの舌にラム肉炒めが盛られており、その下にご飯がある。

スプーンですくうと、ご飯とラム肉の熱気に乗ってパクチーの香りが強烈に舞い上がる。

食べればザクザクとしたパクチーの食感とともにラム肉のディープなコクが広がる。

食べても食べてもパクチー。このパクチーの量だからこそ、いつまでも続く爽やかな味。

確かに、ここでしか食べられないパクチー料理の味であった。

もっと詳しく読む: 東京メインディッシュ http://main-dish.com/2015/07/07/pakuchi/

深せん
住所: 東京都荒川区西日暮里3-14-13
時間: 18:00~23:00
休日: 日曜日
http://tabelog.com/tokyo/A1311/A131105/13047646/

東京都荒川区西日暮里3-14-13Google Mapで開く

東京メインディッシュの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。