ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

憧れの小泉今日子と初共演した宮沢りえ 飛び上がるほど喜んだ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 宮沢りえ(42才)と小泉今日子(49才)が7月2日放送の『とんねるずのみなさんのおかげでした』(フジテレビ系)のスペシャル番組で初共演を果たした。

 1988年の番組スタート以来、りえは女優、小泉はアイドルでありながら、笑撃のコントで視聴者を魅了。過去のVTRを見ながら、とんねるずの石橋貴明(53才)、木梨憲武(53才)らとともに一緒に当時を振り返った。

「この特番は、りえさんと小泉さんの初共演が目玉だったわけではないんです。スタートからこの番組を手がけてきた港浩一さんが共同テレビの取締役社長に就任したことをお祝いしての企画でした。でもりえさんも小泉さんも出演依頼を、とても快く引き受けてくださったんですよ。特にりえさんは小泉さんを素敵な女性とずっと思っていたということもあり、飛び上がるほど喜んでいたと聞いています」(番組関係者)

 芸歴30年以上のりえと小泉は、行きつけの店が一緒だったり、パーティーなどで顔を合わせることがあったり、もちろん共通の友人も多く、距離感はすごく近かったものの、最後のもう一歩が交わることがなかった。しかしりえにとって小泉は、ずっと憧れの人だったという。

「11才の時にモデルデビューしたりえさんは、ステージママの光子さん(享年65)と二人三脚で、ずっと芸能界の最前線で活躍してきました。周りは大人ばかりの上に、芸能界という特殊な世界で生きてきたりえさんは、“普通の感覚”というものにいつも悩んでいました。正しいと思ってやったことも非常識といわれたり、何が普通かもはやわからなくなっていたんです。でも同じように16才で歌手デビューした小泉さんは、ずっと芸能界で仕事をしてきたのに、気取らない生活スタイルを守っている。そんなことを知るにつれ、憧れてやまない存在になっていったそうですよ」(芸能関係者)

 カリスマ主婦やファッショニスタがやっているように、せっせとジムに通って、アンチエイジング情報をかき集め、最新スポットには必ず出かける──そんなことはもちろんしない。

「飲む時は昼過ぎになることもありますが、場所は東京・三軒茶屋とかにあるような、赤ちょうちんの居酒屋が多いんですよ。サングラスをかけたり大袈裟な変装をすることもありませんから、店で居合わせた人と一緒に飲むことだってよくある」(小泉を知る芸能関係者)

 りえの中で、小泉への憧れがぐっと大きくなったのが2008年に小泉が主演した映画『グーグーだって猫である』。飼い猫との愛しい日々をつづった大島弓子の自伝的コミックエッセイを原作にした作品で、2014年にWOWOWでドラマ化されたとき主演したのがりえだった。

「その時、小泉さんの映画を見たんですが、彼女が纏う“普通”にりえさんはすごく感銘を受け、圧倒されたと話していました」(前出・芸能関係者)

 それゆえ、りえにしてみれば、小泉との初共演はとても感慨深いものだった。しかし138分もの放送時間があったものの、会話さえままならなかったようだ。

「りえさんは緊張して震えているようにも見えました。収録が終わると小泉さんはさっと挨拶して帰っていったので、連絡先を交換する間もなかったようです」(前出・番組関係者)

※女性セブン2015年7月23日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
細川氏出馬宣言に自民党色の緑ネクタイで臨んだ小泉氏の真意
NHK紅白で『あまちゃん』企画進む 小泉今日子歌う可能性も
ロッチ・コカド まさかの小泉今日子お持ち帰り未遂!?

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP