ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

女性タレントCMギャラ 今後アップ確実なのは2人の「はる」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 浮き沈みの激しい芸能界。今年も多くのニューヒロインが生まれ、女性タレントたちの“市場価格”は大きく変動している。

 週刊ポスト(2015年7月17・24日号)では、大手広告代理店がCM出演交渉のために作成した最新の「ギャラリスト」(年間契約推定金額)を独占入手。本来は決して表に出ない極秘資料を公開している。

 CM出演のオファーは話題性が大事だが、スキャンダルは大敵だ。誰しも醜聞には神経を使うものだが、『ドクターX~外科医・大門未知子~』(テレビ朝日系)で主演を務めた“高視聴率女優”の米倉涼子(39歳/5000~6000万円)には影響がなかったようだ。

「主婦層の人気が非常に高い。離婚報道には同情的な見方が多く、オファーもギャラも揺らぎません」(広告代理店キャスティング担当者)

 また、今後ギャラアップ確実なのが、2人の「はる」だ。

「波瑠(24歳/1500~2000万円)は今秋からのNHK朝ドラ『あさが来た』の主役に抜擢されてから、スポンサーの問い合わせが殺到。 もう1人は、やはり朝ドラ『花子とアン』のヒロインの妹役、『天皇の料理番』(TBS系・日・夜9時~)で好演した黒木華(25歳/2000~2500万円)。2人ともまだお手頃なのでとにかく人気」(同前)

※週刊ポスト2015年7月17・24日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
週刊ポストが最新の「CMギャラリスト」を入手 1位はAKB48
CM業界の2014年MVPは吉高「ギャラハネ上がる」と広告関係者
「あっ、あ~」の有働アナ フリーなら高島彩より稼げるの声

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP