ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ノーベル賞日本22人韓国1人 韓国人「なぜ同じ人種なのに」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 韓国の巨大掲示板サイト「イルベ」(正式名称は「日刊ベスト貯蔵所」)は閲覧回数が10億を超える韓国版・ネット右翼の巣窟とされ反日的な書き込みの多かったサイトだが、最近は「日本を見直した」という言葉や日本を褒める書き込みが増加している。とくに目立つのが、訪日した韓国人が日本の公共サービスなどに感激して日本びいきとなるパターン。

 また災害時の対応なども韓国と比較して賞賛の的となっている。

 日本の子供たちも絶賛される。横断歩道の手前で停止したドライバーにお辞儀をして渡る子供たちの姿が動画サイトに投稿されると、韓国のネット民はこの礼儀正しさに大きな衝撃を受けたようだ。

〈子供たちの教育をこんなにしっかり出来るのはやはり先進国だな〉
〈車もしっかり停止線守ってる〉
〈カルチャーショックだ〉

 日韓の家庭教育の「格差」を指摘する書き込みもあった。

〈家庭教育自体、韓国と日本では雲泥の差だ。日本の母親が子供たちに必ず教えるのは、他人に迷惑をかけないということ。これを最も重視するから、日本の子供たちは他者に配慮する心を持っている〉

〈日本人の子供に対するしつけだけは認める〉

 教育熱心で知られる韓国だが、日本人のノーベル賞受賞者22人に対し韓国人はわずか1人。この動かせない事実に頭を抱えるネット民もいた。

〈同じ人種なのに、なぜこれほどまでに違うのか? 幼い頃から高度な教育を受けているので頭が冴えているのか? それとも、純粋に両国民のDNAの差なのか〉

 一方でこんな冷静な分析も。
 
〈韓国人は開発に対する意欲がなく、安定した暮らしばかりを考えるから、発展するはずがない。学問に飢えてこそ習得できるというものだが、韓国人は勉強をある程度すると、金銭管理や自己管理の方に忙しくなる。確かに、時代的な問題もあっただろうが、結局は文化的な問題のほうが大きいと思う〉

 いまだ言論統制の風潮が強い韓国では、匿名の掲示板ゆえに「本音」を発散できる側面がある。イルベに寄せられたネット民たちの声は、日本の素晴らしさばかりでなく、現在の韓国が抱える様々な問題を映し出している。

※SAPIO2015年8月号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
韓国の子供 目上の人と接する機会が多く自然と礼儀身につく
韓国人男 日本人の悪口言いながら自画自賛しモテようとする
韓国では「サザエさん韓国人説」が流布し真に受けている人も

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP