ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

プロ野球試合時間 V9時代選手は22時に家にいたが金田氏は…

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 巨人V9が始まったのは1965年、今年は50年目になる。その節目の年に『巨人V9の真実』(小学館)が刊行されるのを記念し、V9時代を支えた巨人のエース、400勝投手の金田正一氏、「エースのジョー」と呼ばれた城之内邦雄氏、そして栄光の18番を背負った堀内恒夫氏が一堂に会し座談会を開催。試合時間が4時間超も珍しくなくなった最近のプロ野球について語りあった。

金田正一(以下、金田):確かにジョーさんは早かった。というか、昔の投手は皆投げるのが早かったですよね。遅かったのは宮田(征典)さんくらい。

城之内邦雄(以下、城之内):宮田は遅かったね。

堀内恒夫(以下、堀内):理由を聞いたら、打者が息を抜くのを待つから。相手は息を止めて球が来るのを待っているから、息を吐いた時に投げるという。遅いわけですよ。それでもリリーフ専門の宮田さんが「8時半の男」といわれていたように、当時の試合は遅くても9時には終わっていた。開始は7時だから2時間くらい。

城之内:今は長すぎるよね。6月24日の試合なんか終わったのは夜10時だよ。

堀内:僕らは10時にはもう家にいましたよね。

金田:ワシはもう女を抱いていたな。

堀内・城之内:……。

※週刊ポスト2015年7月17・24日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
金田正一氏 川上哲治氏なら故障持ち阿部は使わず戦力外じゃ
巨人 V9時と今どちらが強く、捕手は阿部と森どちらが上か?
厳しい川上哲治監督 三球三振で罰金取られた城之内邦雄氏

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP