ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

夏にオススメ、ハーブビールの作り方とは?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 じめじめとした梅雨、そしてこれから訪れる夏は、とにかく湿度や暑さで体力も奪われがちです。そんなとき、ハーブの力を生活に取り入れてみてはいかがでしょうか。

 本書『育てて楽しむ小さなハーブたち』では、料理に飲み物、石鹸、香り袋、キャンドル……と、暮らしの中でのさまざまなハーブの利用法を紹介。また、ベランダや窓辺などでも手軽に栽培・収穫することのできるオススメのハーブ、その育て方についても詳しく説明がなされていきます。

 ハーブの用い方はさまざまですが、その香りを楽しむ最も一般的な方法は、ハーブティーだといいます。そこでオススメなのが、これからの季節にぴったり、ホットで飲むよりも一層さわやかさがアップする「アイスハーブティー」。胃腸を刺激して食欲増進の効果もあるそうです。

 作り方はいたって簡単。

① ホットで飲むときの2倍の量のハーブをポットに入れる。
② お湯を注いで、3〜5分蒸らす。
③ 氷を入れたカップに注ぐ。甘みを加えるときは溶けやすいシロップやはちみつで。粗熱をとって冷蔵庫で冷やすのもOK。その場合は使用するハーブの量はホットティーのときと同じに。

 またハーブは、お茶としてのみならず、お酒との相性も良好。ハーブワインやハーブビール、ハーブリキュールとして楽しむこともできるのだそうです。

 ここでは、ハーブビールの作り方をみてみましょう。

 ハーブティーと同様、こちらも作り方は難しくありません。ポイントは、ハーブティーを濃いめに作ること。

① たっぷりのフレッシュハーブ(普通のハーブティーにするときの3倍くらい)を鍋に入れて火にかけ、濃いハーブティーを作る。沸騰したら火を止めてしばらくおく。
② 粗熱がとれたら茶こしでこして、冷蔵庫で冷やしておく。
③ 冷やした濃いハーブティー2:ビール8くらいの割合でグラスに注ぐ。

 最後にハーブの葉を添えれば出来上がりです。ちなみに、このハーブビールを作るのにオススメのハーブは、オレガノ、カモミール、セージ、タイム、ディル、ミント、レモンバーム、ローズマリーといったハーブ。いつものビールも、ハーブをブレンドするだけで、一味違った風味を楽しむことができそうです。

 ハーブはもともと薬草として利用されてきたもの。そのため、気分や体調にあわせて適切なハーブを選ぶことにより、さまざまな効能も期待できます。暮らしのなかにハーブを上手に取り入れることによって、今年も暑い夏を乗り切りましょう。

■関連記事

村上春樹『ノルウェイの森』に出てくるあのウイスキーの美味しい飲み方
秋葉原にカフェも!! 「精進料理界のサラブレッド」が考案したレシピとは
「横丁」が人々を惹きつける理由とは?

BOOKSTANDの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP