ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

レア感たっぷりの“シナモンロール”でごほうび気分に! 『Cinnabon』があの駅ビルに再登場!

DATE:
  • ガジェット通信を≫


バイトや勉強、サークル活動などで疲れた時や、人間関係でちょっと気分が滅入っているときに口にすると、心だけでなく身体にも効いてくるような嬉しい気分にしてくれるスイーツ。

しかも、そのスイーツが普段とは一味違ったものだったりすると、喜びと嬉しさもひとしお、ということは無いでしょうか?

そんなレア感たっぷりのスイーツが、『シャポー船橋』に本日より期間限定で再登場します!


2015年2月に続いて再登場するのは、シナモンロール専門店の『Cinnabon(シナボン)』。

『Cinnabon』は、アメリカ・シアトルで誕生したシナモンロール専門店。

特別に栽培・精製されたシナモン“マカラシナモン”を使用しているのが特徴で、定番人気は“マカラシナモン”たっぷりの生地にクリームチーズフロスティングがかかった『シナボンクラシック』。


一時期のブームから一転下火となった時期もあったシナモンロールですが、近年では、スイーツショップやベーカリーなどで通常のラインナップとして見かけることも多くなりました。

中にも外にもタップリと砂糖が使われていることを考えると、カロリーが気になる女子には中々ハードルが高いスイーツですが、あの、まさにスイーツといった甘さとシナモンがマッチした味が病みつきになった人も多いのでは?

ちなみに、シナモンには女子が喜ぶ“アンチエイジング”や“ダイエット”の効能もあるといわれています。

ということは、そんなシナモンをたっぷり混ぜ込んだ“シナモンロール”は、たまのごほうびとしてならむしろオススメのスイーツなのかもしれません。


そんな、たまのごほうびとして、普段食べなれているお店のものとは一味違ったシアトル発の“シナモンロール”を食べれば、いつもよりレア感アップで心がとびきり元気になっちゃった、なんてことも!?

『Cinnabon』の期間限定テイクアウトショップは、本日2015年7月6日(月)から7月12日(日)まで、JR総武線船橋駅直結のショッピングセンター『シャポー船橋』食鮮館催事場に出店されます。

食べてみたいけど中々店舗や出店先へ足を運べない、という人は、レシピ投稿サイト『Cookpad』でも「シナボン」をキーワードとしたレシピが50品近く寄せられているので、そちらを参考にして自作するのもいいかもしれません。

※この記事はタウンワークマガジンとガジェット通信で共同制作しました。

文:北島要子 企画:ガジェット通信
■参照■
・シナボン: Cinnabon World Famous Cinnamon Rolls

http://www.cinnabon-jp.com/

・Cookpad

http://cookpad.com/

・プレスリリース

http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000041.000009567.html

タウンワークマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP