ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ガンダムマニア「ガンプラ作ってたらカッターで指を切断して肉が飛んで血が噴出した」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ガンダムマニアの瀬戸さんは、かつてガンプラ(ガンダムのプラモデル)を作っているときの大騒動を話してくれた。彼が中学生だったころ、ガンプラでZガンダムを作っていたという。

・なにやら物質が飛んだ
そのとき、カッターを使って綺麗に仕上げをしていた。ちょっと力を入れてカッターをガンプラにあてていたときだった。スカッ! と思いっきりカッターをふってしまったところ、なにやら物質が飛んだ。

・猛烈な勢いで血液が噴出
その物質は部屋の壁にペトッとぶつかって畳に落ち「なんだ!?」と思って物質を見ようとしたところ、激しい痛みを感じた。その痛みは左手の指から感じており、そこに目をやると猛烈な勢いで血液が噴出していたという。

・どんどん白いタオルが真っ赤に
激しい痛みと出血に驚き「うわああああああああああ!!」と叫んだという。擦り傷のように、血がすぐ止まることはなかった。湧き水のようにどんどん噴出してくるため、タオルで指をぐるぐる巻きにしたものの、どんどん白いタオルが真っ赤になっていったという。

・吐き気が止まらなくなった
どうにか2枚目のタオルで止血したものの、ショックのせいか吐き気が止まらなくなり、落ち着くまで数時間かかったそうだ。畳に落ちていた肉片を見てみると、それは指先の肉だった。

・吹っ飛んだ肉片の部分は再生
医者には行かず、自力で治したものの、いまでもその傷が指に残っている。吹っ飛んだ肉片の部分は再生したが、周囲の肉とは微妙に違う形状に肉が形成されたという。皆さんも、プラモデルを作るときは刃物に注意しよう。

https://youtu.be/yVHI7nKMqlE

もっと詳しく読む: バズプラスニュース Buzz+ http://buzz-plus.com/article/2015/07/08/gunpla/

バズプラスニュース Buzz+の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP