ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

Xbox MusicとXbox Videoが新名称“Groove”、“Movies&TV”で再始動

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

 音楽配信サービス“Xbox Music”の登場から3年、およびメディア提供の合理化を発表してからほぼ1年経った7月6日、Microsoftはサービスの名称を“人々が音楽と共にどう感じ、どう行動するか”を表した言葉、“Groove(グルーブ)”に変更したことを発表した。

 6日のブログで同社は、GrooveがWindows 10、Xbox、スマートフォン(AndroidとiOS。対応はローンチ後)に対応するようになると説明している。同アプリは月額9.99ドル(約1,200円)もしくは年額99ドル(約12,000円)で、厳選したアーティストによるPandora風のラジオプレイや、プレイリスト、膨大なカタログなど、全ストリーミング・サービスの標準サービスを提供するとともに、Microsoftのクラウド・ストレージ・サービス“OneDrive”と連動してどんなデバイスでもMP3ファイルにアクセスできるという。

 また、Microsoftは動画コンテンツ・サービスについても“Xbox Video”からより分かりやすい“Movies & TV”という名称にした。

 Microsoftは昨年10月、Spotifyが価格競争力のあるファミリー・プランを発表した翌日にXbox Musicをサブスクリプション限定にした。同様にGrooveとしての再始動は先週のApple Music開始に続くもので、Spotifyに取って代わるものとして有力視されている。

関連記事リンク(外部サイト)

カーリー・レイ・ジェプセン 来日効果で洋楽チャート1位をキープ、スモールプールズが3位に初登場
ザ・リバティーンズ、11年ぶりの復活アルバムが9月リリース タイで撮影した新曲MVも公開
ニュー・オーダー、新アルバムにイギー・ポップ、ブランドン・フラワーズらが参加 新たな予告動画も解禁

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。