ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

カーリー・レイ・ジェプセン 来日効果で洋楽チャート1位をキープ、スモールプールズが3位に初登場

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 カーリー・レイ・ジェプセンの「アイ・リアリー・ライク・ユー」が4週目の1位に輝いたビルボードジャパンの洋楽チャート“Hot Overseas”。

 9週にわたり1位に君臨していたウィズ・カリファ feat.チャーリー・プースの「シー・ユー・アゲイン」を見事下し、先週1位に返り咲き、今週で通算4週目の1位となるカーリー・レイ・ジェプセンの「アイ・リアリー・ライク・ユー」。1週間に及ぶプロモーション滞在が功を奏し、エアプレイ・チャートでは先週と同じく2位をキープ。YouTube再生回数とストリーミングの2指標では前週を上回る記録を叩きだし、この曲が収録された『エモーション』は8位から14位にランクダウンしたものの、順調にセールス・ポイントを蓄積し続けている。

 カーリーは【SUMMER SONIC】に出演するために来月再来日する予定で、今のところその王座を脅かすような勢いのある楽曲がないため、さらに記録を伸ばすことが予想される。加えて、2012年にリリースされた「グッド・タイム with アウル・シティー」も新作のヒットに伴い、再チャートインを果たし、今週12位までランクをあげてきている。

 3位に初登場したのは、同じく【SUMMER SONIC】に出演するLA出身のエレポップ・バンド、スモールプールズによる「ドリーミング」。デビュー・アルバム『ラヴタップ!』の発売日7月1日に合わせ、ラジオでのプロモーションが強化されたことをきっかけに、エアプレイ・チャートで32位から3位へと大幅にジャンプアップし、洋楽チャート初チャートインを果たした。同じく今週初登場となったのは、17位のフィリップ・フィリップス「ゴーン、ゴーン、ゴーン~ずっと君のために」。アメリカの人気オーディション番組『アメリカン・アイドル』シーズン11で優勝した24歳のシンガー・ソングライターで、8月19日にアルバム『フィリップ・フィリップス/The World from the Side of the Moon』で遂に日本デビューする。

 また、先週12位に初登場したジャマイカ出身のオーミによる「チアリーダー」は、じわじわランクを上げ、今週10位に。米ビルボード・シングル・チャートでもじっくりと時間かけ、現在3位にランクインしており、11週に渡り1位を死守し続けるウィズ・カリファ feat.チャーリー・プースの「シー・ユー・アゲイン」の最大のライバルとも謳われている。

関連記事リンク(外部サイト)

7月13日付 Billboard JAPAN 国内洋楽チャート“Hot Overseas”
Album Review: 王道・不動のアメリカンポップスここに!R5待望の2ndアルバム
ザ・フェニックス・ファンデーション 15年のキャリアを誇るNZの国民的バンドによる最新作のテーマは“再生”

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP