ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

タクシー配車アプリ「Uber」が船を手配する新サービスを開始

DATE:
  • ガジェット通信を≫

米国発祥のタクシー配車サービスUber。

タクシーに乗りたい人とタクシーをアプリでつなぐサービスで、今や日本を含め世界中の多くの都市で展開されている。

そのUberが、スピードボートを手配できるサービス「UberBOAT」をトルコ・イスタンブールで開始した。

・乗船可能な船をマップに表示

イスタンブールには、アジアとヨーロッパを隔てる海峡として知られるボスポラス海峡がある。この海峡の行き来に使うスピードボートの検索をできるようにしたのがUberBOATだ。

厳密に言えば、同海峡近くで通常のUberアプリを立ち上げると、UberBOATのオプションが加わり、マップに乗船可能な船が表示されるというもの。

使うには、乗船のリクエストをし、ピックアップしてほしい場所を入力する。すると、ボートの船長から配船の確認と到着予定時刻の電話連絡が入る。

・高級ボートで快適に移動

Uberは船運航会社「Navette」と提携してサービスを提供している。ボートの最大定員は8人。高速、しかも高級路線のボートなので、「快適な海の旅」ができるとのこと。

価格は乗船・下船場所によって異なるが、最低でも50~60リラ(おおよそ19ドル)となっている。

同海峡では公共交通サービスの船も運航していて、そちらの運賃2リラに比べるとかなりお高めだが、オンデマンドというのが売り。

ニーズに合わせて素早く、そして快適に海を移動したいという需要は、イスタンブールだけでなく東京湾などにもあるかも?

Uber

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。