ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

奥華子、ゆかりの地で10年分の感謝を直接伝えるフリーライヴの開催が決定

DATE:
  • ガジェット通信を≫

奥華子が7月22日に発売する10周年記念シングル「楔 –くさび-」のリリースに伴う、スペシャルフリーライヴの開催を発表した。

今年7月27日にデビュー10周年を迎える奥華子は、デビュー前に路上ライヴを行なっていたときからファンとの距離感を大切に活動してきた。“目の前の人が自分の歌で立ち止まってくれる、涙を流してくれる、路上だからこそ伝わる歌を目の前の人に届ける”ことを大切に、歌い続けてきた路上ライヴ。その活動スタンスは、メジャーデビューから10年が過ぎた今でも変わらない。インディーズ時代に手がけ、路上で活動していた頃から10年以上にわたって大切に歌ってきた楽曲を初めてメジャー盤に収録した“10周年記念シングル”を通して、10年分の感謝を直接伝えたいという本人の強い思いで、全国37ヵ所を回る大規模なツアー中にもかかわらず、今回のスペシャルフリーライヴの開催を決めた。

スペシャルフリーライヴは、デビュー前に路上ライヴで何度となく通いつめた奥華子ゆかりの地、アスナル金山(愛知県名古屋市)と津田沼公園 (千葉県習志野市)の2ヵ所限定で開催。ミニライヴでは、奥華子の失恋ソングの原点であり、口コミだけで動画再生回数累計1500万超えの名曲「楔 –くさび-」と、この曲があったからメジャーデビューが決まったという彼女の人生を変えた大切な1曲「花火」の、10周年記念シングル収録2曲をはじめ、彼女の代表曲を披露する。ミニライヴ終了後には握手会も予定。

なお、今回の津田沼公園でのイベントは、同日に開催する「いきいき津田沼夏まつり」の一環として行なわれる。津田沼公園は、2009年8月7日に津田沼の街の協力を得て「100年に一度の奥華子まつり」と題して、5時間90曲にわたるフリーライヴを開催した奥華子の思い出の場所。ミニライヴとはいえ、彼女のキーボードと歌だけの世界がたっぷりと堪能できる、“奥華子10周年記念感謝祭”とも言うべくスペシャルバージョンでのイベントを予定している。

10周年記念シングル「楔-くさび-」発売記念イベント
7月23日(木) 愛知 アスナル金山 明日なる!広場
7月25日(土) 千葉 津田沼公園(モリシア津田沼ショッピングセンター正面入口前)
http://okuhanako.com/information/post-274/

10周年記念シングル「楔-くさび-」
2015年7月22日発売
PCCA-70441/¥1,000+税
<収録曲>
01.楔 -くさび-
02.花火
03.楔(ピアノ弾き語り Live ver.at Zepp Tokyo 2013.1.19)
04.楔 -くさび-(Instrumental)
05.花火(Instrumental)

(OKMusic)記事関連リンク
元記事を読む
奥華子 オフィシャルHP
奥華子、ももクロ高城れにと初コラボ! 誕生日記念に「Birthday」を披露!

カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP