ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

PR活動躍起の茨城県民「そもそも地元に民放がないのが痛い」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 5月、「スターバックスコーヒー シャミネ鳥取店」がオープン。全国で唯一「スタバ」がなかった鳥取では「スタバはないけどスナバはあります」と平井伸治県知事が「自虐PR」したが、それも解消された。でも、実はどの県にだって恥ずかしい自虐ネタはあるんです。

【茨城県】〈本当は魅力あっけど、伝える地元テレビ局がねぇんだっぺ〉

 都道府県別魅力度ランキング(2014年・ブランド総合研究所発表)で、2年連続5度目の最下位。茨城県民は憤慨する。

「海産物豊富で都心へのアクセスもいい。こんなに住みやすいところはない。県は農業生産額が全国2位などとアピールしているが、県外まで声は届かない。そもそも地元の民放テレビ局すら存在しないのが痛い」(30代会社員)

 県のPR活動のスローガンは「なめんなよ? いばらき県」だが、県外からは「イバラキってイバラギのこと?」といわれてしまう。

【栃木県】〈ピアノ所有数1位のお坊ちゃん県なのに、アイツらのせいでヤンキーと思われて……〉

 データでは栃木県はなかなかリッチだ。世帯主の勤め先収入、住宅の敷地面積、預貯金残高も全国トップクラス。特にピアノ所有数量は1000世帯あたり354台で1位だ(総務省統計局の2008年資料より)。

「広い家には大体ピアノが置いてある。ピアノを習っている子供も多い。だけど悲しいかな、『ヤンキーが多い田舎』のイメージが払拭できない」(30代男性)

 栃木出身・U字工事の「地元のヤンキー漫才」の影響が大きいのかも。

【群馬県】〈世界で3つだけの「ハーゲンダッツ工場」がある!〉

 お洒落なスポットはさしてない群馬県だが、県民のプライドを満たしているのが、世界に3か所しかない高級アイス「ハーゲンダッツ」の製造工場が高崎市にあるという事実。県民によれば、「恥ずかしいと思いながらもつい自慢してしまう」(30代女性)とか。

※週刊ポスト2015年7月17・24日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
佐々木希 整形疑惑は「絶対にないと断言できます」と知人語る
優等生、オタク、美少女らがバンドで活躍する青春小説の傑作
ヤンキース“第2のイチロー”ヤクルト青木に興味津々

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。