体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

選ばれし佐藤が集結したミスコン「MISS-SATO」決勝レポ! 次回はミス鈴木

選ばれし佐藤が集結したミスコン「MISS-SATO」決勝レポ! 次回はミス鈴木

「MISS-SATO」ファイナリストの7名
7月4日、東京・渋谷にある青山学院大学の青山キャンパスにて、職業や年齢、プロアマ問わず、苗字が「佐藤」の女性であれば誰もが参加できる「佐藤さんがいる生活」をコンセプトにした、日本一可愛い佐藤さんを決めるミスコン「MISS-SATO」が開催されました。

事前に行われた1次審査では、公式WebサイトでのWeb投票のほか、DeNAが運営するライブ配信サイト・SHOWROOMとのタイアップ企画として、同サイトでのランキング上位者が決勝に進めるSHOWROOM予選も実施されました。

そして、応募総数約300名の中から選ばれたファイナリスト7名が、決勝大会の会場である青山学院大学に集結。

会場では、7人のキュートな佐藤さんたちが「佐藤さんがいる生活」をコンセプトに、告白シーンや日常生活を妄想させるシチュエーション審査、リアルな部屋着やエプロン姿でのファッションショー、得意料理を調理して披露するPR動画の上映などが行われました。

さらに参加者が一番大切な「佐藤さん」へ感謝のメッセージを読み上げるコーナーでは、会場が感動に包まれるシーンも。

今回は、そんな胸きゅんと感動の詰まった史上初の佐藤さん限定ミスコン「MISS-SATO」の様子をレポートしていきます!

「佐藤さん」だらけ、前代未聞のコンテストがスタート!

コンテスト当日はあいにくの雨模様……。しかし、会場である青山学院大学内の本多記念国際会議場には、学生や一般の方々、メディア関係者などが多数来場したほか、開催の模様はツイキャスやニコニコ生放送でも生配信され、会場に来られなかった人もリアルタイムでコンテストを楽しめるようになっていました。

ミスコンがスタートすると、オープニングゲストとしてモデルやタレントとして活躍する佐藤かよさんが登場。「佐藤と聞いたら可愛いと連想するくらい、佐藤のイメージをあげてほしい」と、同じ佐藤として激励のコメントを寄せていました。

続いてファイナリスト7名の佐藤さんたちが続々とランウェイに姿を現すと、客席からは声援が上がります。佐藤さんたちは少し緊張の色を見せながらも、笑顔で手を振りながら応えるなど、堂々とした様子で入場していました。

日本一かわいい佐藤さんを決める「MISS-SATO」に入る前に、ステージでは、そのまま事前に学内で行われていた日本一かっこいい佐藤さんを決めるコンテスト「MISTER-SATO」の表彰へと移ります。

グランプリに輝いたのは、25歳ペルー出身の佐藤ジャンカルロさん! 準グランプリは24歳の静岡県出身・佐藤悠紀さんが獲得し、佐藤かよさんからそれぞれ金と銀の表札が授与されました。

いよいよミスコンの審査開始!

いよいよ、目玉となるミスコンの審査が開始。

まずはファイナリストたちによる自己紹介からはじまり、その後参加者自らが考えたシチュエーションをもとに、2人きりの場所で告白する即興の演技と、家の中で「おはよう」と「おやすみ」を伝える演技の2パターンによる、シチュエーション審査が行われました。

ほかにも、参加者が自前の部屋着やエプロンに着替えてランウェイを歩くファッションショーや、自宅で手料理をつくる様子を撮影した動画を上映する「佐藤家の食卓」など、観客や審査員に佐藤さんとの日常生活を疑似体験させるような企画を実施。ドキドキするようなシーンでは時折歓声があがり、調理シーンでは笑いが起こるような場面も見られました。

最初に登場したのは、エントリーNO.1の佐藤多恵(26)さん。宮城県の中でもかなり田舎の出身だという多恵さんは、家の農業を手伝いながら、シンガーソングライターとして活動している農業系アーティストです。

ステージでは、時折宮城弁を交えながら、田舎の風景を想像させる独特の演技を披露したほか、動画上映では、自宅にある畑でとれた玉ねぎを使った「トマトチキンカレー」を調理するなど、農業系女子の魅力をアピール。思わず「あぁ……おらも田舎に帰りてぇ」と思わせる地元感溢れる演技が光っていました。

1 2 3次のページ
KAI-YOU.netの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy