体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【イベントレポート】ツアー旅行の概念をくつがえす江藤誠晃さんのトークサロン

Photo credit: tabitabi parsley「ちょこっとマカオ」

Photo credit: tabitabi parsley「ちょこっとマカオ

こんにちは。TRiPORTライター、赤崎えいかです。
皆さんは「ツアー旅行」に対して、どんなの印象を持っていますか? 「ただ、お決まり観光スポットに連れていかれる…」 そんなイメージを持っている人も少なくないようです。しかし、それを覆すべく、トラベルWEBマガジン『gr8! tour』を手がける旅行作家の江藤誠晃さんによって企画されたマカオ・トークサロンが開催! さっそく参加してみました。

とにかく「ニッチ」!

ツアー旅行へ行く際に、旅行会社から渡されるものといえば、行く場所の小さな写真や簡単な説明が書かれているパンフレット。それ以上の情報や気になる点、不安なことがあれば、自分で調べるしかありません。しかし、江藤さんの企画する少人数限定のトークサロンでは、事前に現地へ行った江藤さんによる現地情報、穴場紹介、興味をそそる歴史的背景などを、直接の会話や写真によって知ることができます。その話を聞いた後、ツアー旅行に参加するかを考えることができるのです。

そして、江藤さんの企画するツアーは「ニッチ」であるというのが特徴。旅の達人、江藤さんプロデュースによる、まだほとんど知られていないユニークな場所や空間へ、他の人より一足も二足も先に行くことができます。

企画、講師の江藤誠晃さん(筆者撮影)

企画、講師の江藤誠晃さん(筆者撮影)

これからは「安・近・深・短」

忙しい日本人には「安・近・短」(安い、近い、短期間)の3つを満たしているものが人気と言われる中、「ただ行くだけではもったいない。もっと『旅』そのものを楽しんでもらいたい」「アジアの旅は、これに『深い』を加えた『安・近・深・短』がトレンドになってきている」と話す江藤さん。

筆者撮影

筆者撮影

歴史を知ると、より現地に行きたくなる

今回中心になったのは、知っているようで知らない世界遺産の街「マカオ」。香港の南に隣接する小さな島マカオは、つい最近の1999年までポルトガルの植民地でした。そのためマカオには、アジアとヨーロッパが融合した歴史的に貴重な建造物が、今でも生き続けています。

Photo credit:gr8! tourより

Photo credit: 『gr8! tour

サロントークの中でも特に参加者の関心の的となったのが、今回のツアーで宿泊できる「ポサダ・デ・サンチャゴ」という、たった12室しかないホテル。なんとこのホテル、以前は要塞だったのです! それをホテルとして使用しているため、今でも半島の崖側が入り口となっています。当時のままの洞窟を通り抜けていくという特殊な造りも魅力的。なかなか予約が難しいホテルでも、確実に泊まることができるのはツアー旅行の利点ですよね。

「へぇ〜」が飛び交う質問タイム

1 2次のページ
Compathyマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。