ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

『課長島耕作』と歩けば“社長”になれる? 遊び感覚の歩数計!

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

“メタボ”という言葉にピクリと耳が反応しはじめる30代のビジネスマン向けに、遊び感覚でウォーキングを楽しめる『課長島耕作(講談社発行、弘兼憲史原作)』仕様の『遊歩計 課長島耕作~歩いてサクセス!社長への道~』が5月23日(土)バンダイより発売される。

楽しみながらウォーキングを継続できる、エンターテインメントデジタル歩数計『遊歩計(ゆうほけい)』の第3弾に、あの人気マンガ『課長 島耕作』が登場した。使い始めは『課長 島耕作』からスタートし、一定歩数を達成するごとにストーリーが展開。部長、取締役、常務、専務と昇進。最終的には『社長 島耕作』を目指すという。また、目標通りに歩くことができれば、島耕作の“魅力ゲージ”がアップし、ウォーキングを応援するキャラクターも増えていくという粋なシカケもあるという。

『遊歩計』は、昨年12月からテレビアニメ『宇宙戦艦ヤマト』『母をたずねて三千里』をモチーフにしたシリーズも発売している。いずれのシリーズも、ストーリーを楽しみながら歩くのみならず、連動する専用ウェブサイトで健康データを管理をすることも可能だ。希望小売価格は各4725円(このニュースの元記事はこちら)。
 
『遊歩計 課長島耕作~歩いてサクセス!社長への道~』
発売日:2009年5月23日(土)
サイズ:45(H)×15(D)×68(W)mm
重さ:38g(電池含む)
希望小売価格;4725円(税込)
遊歩計ウェブサイト:http://www.yuuhokei.com/
 
 

■こんなデジモノの記事もあります
進化を拒むトイカメラ『VQ1015』
インターネットにつながる”手帳”『WILLCOM NS』4月24日発売
【新製品】モニター角度が自由に動く、デジタル一眼レフ『ニコン D5000』発売へ
モバイラー必携! 親指だけで操作できる超小型トラックボール
小型軽量USB地デジチューナー『QRS-UT100B』製品レビュー

Kyoko Sugimotoの記事一覧をみる ▶

記者:

京都在住の編集・ライター。ガジェット通信では、GoogleとSNS、新製品などを担当していましたが、今は「書店・ブックカフェが選ぶ一冊」京都編を取材執筆中。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。