ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「リアル鬼ごっこ」富士急で開催!

DATE:
  • ガジェット通信を≫


富士急ハイランドで、アプリ連動型のリアル謎解き鬼ごっこ『巨大遊園地からの逃走-あなたは最期まで逃げ切れるか-』が8月1日から開催される。

【もっと大きな画像や図表を見る】

このイベントは、スマートフォンアプリの機能を利用して、富士急ハイランド内で制限時間中、実際に“鬼”から逃げ回るゲームだ。ゲームはドラマ仕立てで、クーデターにより富士急ハイランドが独立国になり、来園者は捕虜になる、という設定。生き残るためには、鬼ごっこで逃げ切ることが必要なのだ。

インストールしたアプリでは、園内にいる“見えない鬼”の位置が示され、鬼が一定の距離以内に近づくとライフゲージは減少(ゼロになるとゲームオーバー)。60分間逃げ回りながら4つのミッションをクリアすればエンディングムービーが流れ、ドラマの結末を見ることができる。

この「リアル鬼ごっこ」イベントは、山田悠介が2001年に発表した大ベストセラー同名小説を土台にしている。7月11日からは、園子温監督・脚本、トリンドル玲奈、篠田麻里子、真野恵里菜出演による同名映画も公開。ただし今回のイベントは、映画本編シナリオとは全く異なる完全オリジナルストーリーだ。

原作は発行部数200万部以上を記録する大ヒットとなり、これまで映画、ドラマ、マンガ、ゲームと、幅広く展開されてきた作品だけに、このイベントに対する期待も高まっている。ツイッターには、

「このリアル鬼ごっこのめっちゃ参加したい!!行きませんかー誰かー」

「富士急のリアル鬼ごっこめっちゃ面白そう」

「富士急のリアル鬼ごっこ 絶対楽しい!!行きたい!!」

「富士急とリアル鬼ごっこのコラボとか! 行きたすぎるだろ」

など、参加への意志を示すツイートが続々と登場。ただ一方で、

「あれや逃走中てきなやつ。うっわー楽しそう行きたいけど怖そう」

「富士急ハイランドでリアル鬼ごっことか … あのサイレンみたいなの鳴るのかな… 恐怖だ……絶対に行きたくない」

「えっ、なにこれ。でら楽しそうやげ!!行きたい、行きたい!!しかし、富士急遠い…。 しかも夏!暑い!」

と、真夏のイベントのうえ、難易度の高いアトラクションで知られる富士急とのコラボゆえに、恐れや不安を抱く声もちらほら見られる。

この夏は、富士山の麓で一大鬼ごっこが盛り上がりそうだが、くれぐれも熱くなりすぎて体調を崩さないよう、参加者は十分注意が必要かもしれない。

【関連リンク】

■7/11公開! 映画『リアル鬼ごっこ』公開記念イベント 巨大遊園地からの逃走

http://www.real-toso.jp/

■Yahoo!リアルタイム検索 「富士急 リアル鬼ごっこ」の検索結果

http://realtime.search.yahoo.co.jp/search?p=%E5%AF%8C%E5%A3%AB%E6%80%A5%E3%80%80%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%83%AB%E9%AC%BC%E3%81%94%E3%81%A3%E3%81%93&ei=UTF-8

記事提供/『R25スマホ情報局』
(R25編集部)

「リアル鬼ごっこ」富士急で開催!はコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

関連記事リンク(外部サイト)

「#インターネット老人会」が大盛況
スマホの「要らない機能」TOP10
Androidアプリの7割超は危険?
アマゾン、アプリユーザー配達で小遣い稼ぎ?
「揺れの体感」共有する地震アプリ

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP