ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

まるで小鳥のよう!!ひんやりキュートな「いちご味」のかき氷が古民家再生の和カフェにお目見え

DATE:
  • ガジェット通信を≫


犬山城下町で運営する和カフェ「本町茶寮」は、ことりのようなカワイイ見た目と粉雪のような食感で人気の「ふわふわかき氷」に、新味の「いちご味」を2015年7月7日より提供開始した。

本町茶寮のふわふわかき氷の特徴は、氷に味がついているのでシロップをかけずに頂くところ。そのため、ふわふわの食感をそのまま味わえる。

「ふわふわかき氷」(各500円)には新味のいちごの他にも、茶・マンゴー・ミルク・プリンの計5種が選べる(テイクアウトも可能)。ことりのような見た目のかき氷を、味の違いによってお好みの色で頂くことができる。

「本町茶寮」は、犬山城下町のメインストリート・本町通りに面する築100年以上の古民家をリノベーションした和カフェ。

「ふわふわかき氷」のほかには、手作りの「ふるーつわらびもち」(いちご・マンゴー・キウイの3種。各400円)や、ふんわりとした生クリームが乗った「あわ雪シェイク」(抹茶・いちご・チョコの3種。各500円)などが人気だ。


古民家を再生した素敵な和カフェで、かわいい和スイーツをまったりと味わって。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ストレートプレスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP