ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

画面上の買い物をもっと便利に!商品の見せ方にこだわったECサイトまとめ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

こんにちは。デザイナーのぺちこです。
突然ですが、みなさんはどのくらいの頻度でネットショッピングを利用していますか?

ネットショッピングの利用者がどんどん増えていく中で、ECサイトもいろんな工夫をしてきているなあ!と最近実感しています。
そこで今日は、ただ商品を並べて売るだけじゃなく、ユーザにとって嬉しい工夫を凝らしてあるECサイトをいくつかご紹介したいと思います!

商品の見せ方にこだわったECサイト5選

OVER

https://overclothing.com/

セルビアのアパレルブランド「OVER」。
近頃、商品を部分的に拡大した画像があったり、クリックすると拡大画像が表示されたり、という見せ方がよく増えてきたなあと思います。

このサイトはそれだけでなく、マウスカーソルを置いた周辺エリアの拡大画像が、全体像の横に並んで表示されます。
操作がしやすく、全体像を確認しながら布の素材感やステッチなどの詳細を確認できるのは、いいですね。画面を広く使っているところも、商品をよりしっかり見せるという点で活きています。

Tracksmith

https://www.tracksmith.com/

イングランドのランニングウェアブランド「Tracksmith」。
ランニングウェアの機能をより直感的に分かりやすくするため、動画を取り入れて訴求しています。

「雨の日も晴れの日も使える、撥水性に優れた商品です」と言葉で言われるよりもずっと魅力を感じますよね。動画自体も商品のページの中で上手くコンテンツに組み込まれているので、“動画をわざわざ再生して見る”わずらわしい行為もありません。

bugaboo

https://www.bugaboo.com/

オランダのベビーカーメーカー「bugaboo」。

こちらのサイトでは、製品CGをマウスドラッグでくるくる回して、商品を360°確認できるようになっています。重量のある商品だからこそ、全方向から確認できるのは嬉しいですね。

AIAIAI

http://aiaiai.dk/

デンマークのオーディオ機器メーカー「AIAIAI」。

このサイトでは、実際にWeb上で着せ替えさせてカスタマイズしたヘッドホンを、そのまま購入できるようになっています。パーツによって見た目も結構変化していくので、実際にモデルを見ながらパーツを選んでいけるのは嬉しいですね。

さらに、パーツを入れ替えると「どのような性能になるのか」がグラフでリアルタイムにわかる優れもの。
私が音に関して全く明るくないのでよくわからないのですが……きっと、界隈の人にはとてもわかりやすく、嬉しいのではないでしょうか。

ITOKIN MUSEE color magic

http://www.itokin.com/musee/colormagic/

日本のアパレルメーカー「ITOKIN」。
こちらはECサイトというよりもルックブック(一応各商品からECサイトへ遷移可能)ですが、商品の見せ方がいいなと思ったのでピックアップしました。

こちらのサイトは、「BRANDS」のセクションで各ブランドの服をまとったモデルさんが実際に動いている姿を見ることができます。
動いたときに揺れる布の柔らかさや広がり方、腕を上げたときの裾の丈感など、一枚絵ではわかりにくい微妙なニュアンス伝わってきていいなと思います。

まとめ

いかがでしたか?
ECサイトもどんどん便利になっていくなあと改めて実感しました。いいですね~~。

それではまた(^ω^)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
LIGの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP