ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

まるでプライベートレッスン!?自宅で本格“ピラティス”が体験できるアプリ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ミッシェル・オバマからミランダ・カーまでを夢中にさせるエクササイズ、“ピラティス”。

エクササイズ先進国アメリカでは、セレブに最も浸透しているエクササイズとも言われる。

そこで、ピラティス界の大手企業“basi Pilates”が、有料アプリ「Pilates Interactive Max」をリリースしたのをご存知だろうか?

・まるでプライベートレッスン!

「Pilates Interactive Max」は、ピラティス業界の基準となる存在とも言われるbasi Pilates(Body Arts and Science International)社から発売されたアプリ。

マシンのいらないマットワークのみを紹介し、気軽にピラティスを始めるきっかけを提供している。

使い方は簡単。60種類あるマットワークから好きなエクササイズを選び、“PLAY VIDEO”ボタンを押し、インストラクターの通りにエクササイズを続ける。

・解剖学を踏まえて体を動かす

特に「Pilates Interactive Max」でお勧めしたいのは、目的別にマットを使ったレッスンを集めた“Workouts”の機能。

“Basic 10”では、基本の10種類ポーズをビデオで紹介。

“Inner Athlete”では、25種類のポーズを紹介。

60分のプログラムで、さながらピラティス教室に参加したような本格的なエクササイズが自宅で可能になる。

ピラティスは、ヨガとよく比較されるが、リハビリを目的として生み出され、解剖学を踏まえて体を動かすため、早い時期から身体への変化が見え始めるという。

「Pilates Interactive Max」の有料アプリは、480円。本場アメリカ発ピラティスの世界を体験してみるのも良いだろう。

「Pilates Interactive Max」

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP