ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

世界初とWHOが認定!キューバが「HIV・梅毒」の母子感染撲滅に成功

DATE:
  • ガジェット通信を≫

WHO(世界保健機関)は、キューバがHIVと梅毒の母子感染を“撲滅した”と発表した。これは世界初の事例となる。
具体的には、10万人の出生数に対して、感染者数を50名以下に抑えたというもの。

WHOが発表しているキューバにおける2013年度の統計結果では、感染者として報告された幼児の人数はHIVが2名、梅毒が3名となっている。

感染リスクは、およそ1%

感染する期間、抗HIV治療薬の投薬を行うことで母子感染のリスクは1%ほどに抑えることができる。ちなみに、治療を行わなかった場合の感染確率は最大45%にも及ぶ。

梅毒も予防可能

全身に症状の出る梅毒も母子感染の危険を孕んだ病気だ。そして、キューバは梅毒に対してもHIV同様に大幅な感染予防を実現した。

じつは、キューバという国は世界的にも医療先進国としても位置づけられている。充実した保険制度により国民の医療費は無料。今回の快挙の裏には、妊婦が充分な検査を受けられる社会基盤がある。

もちろん、同様の取り組みを行っている国は他にもある。WHOのアメリカ地域事務局(PAHO)のディレクター、Carissa Etienne氏がアメリカ科学振興協会(AAAS)に語ったところによれば、キューバ以外にも。アメリカやカナダなど30カ国ほどが、認定への申請を行っている国があるとか。世界的に見ても母子感染は、撲滅へと着実に向かっていると言えそうだ。

Reference:WHO , AAAS

関連記事リンク(外部サイト)

筋萎縮症の男性が世界初の「頭部移植」を決意。「怖いけど、選択肢はあまりない」
鬱病は精神だけでなく、DNAにも影響アリ・・・。でも、将来的には物理的な治療が可能になるかも!
15歳の少女が「HIV検査キット」を発明!たった5ドルで救われる人がいる

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP