ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

小林よしのり氏 議員がネトウヨレベル劣化の原因に小選挙区

DATE:
  • ガジェット通信を≫

『ゴーマニズム宣言』などで知られる漫画家・小林よしのり氏をゲストに招いた自民党リベラル派の勉強会が党によって中止に追い込まれた。その同時期に自民党議員の勉強会では数々の暴言が飛び交った。小林氏が自民党議員から飛び出した「マスコミを懲らしめる」といった発言の背景を分析する。

 * * *
 自民党議員の勉強会「文化芸術懇話会」に出席した百田尚樹氏や議員から、マスコミを「潰せ」だの「懲らしめる」だのと暴言が連発されたが、これが現在の自民党の一般的レベルだ。もはやネトウヨと同等まで劣化した。

 彼らは「正論」や「WiLL」、「産経新聞」といった紋切り型で勇ましいことばかり書いてウケようとするメディアばかりに目を通しているのだろう。そこに登場する言論人は中韓やリベラル派に対する暴言をためらいもなく吐いている。それを読んでいれば気持ちいいのかもしれないが、一方で本はまったくといっていいほど読まないから違った見解を知らず、幅広い知識がない。

 原因のひとつは小選挙区制にある。議員一人一人が駒となってしまい、「個人」に価値がなくなってしまった。そのかわり、いいなりになっていれば生き残れるから、自分でモノを考えようとしない。

 本来、勉強会は異なる意見をぶつける場だ。安倍応援団しか呼ばないのならば勉強にならない。

 不勉強だから「基本的人権」が何であるかもわかっていない。国民の基本的人権を守るのが国家権力である。国民には言論の自由があり、それは民主主義の根幹をなしている。権力はそれを守る義務がある。そう憲法が定めている。最近の政治家はそれすら知らない。気にくわないメディアには圧力をかければいいという発想は幼稚すぎる。

※週刊ポスト2015年7月17・24日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
自民党勉強会中止の小林よしのり氏 「意見違うなら議論せよ」
細川氏出馬宣言に自民党色の緑ネクタイで臨んだ小泉氏の真意
野田聖子、高市早苗ら女性議員が要職占める自民党で女の争い

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP