ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

澤穂希にリオ五輪後の「なでしこ監督」説 協会の裏工作開始

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 なでしこジャパンが準優勝に終わったサッカー女子W杯の興奮冷めやらぬなか、レジェンド・澤穂希(36)の去就に注目が集まっている。澤はW杯期間中に行なわれたFIFAのインタビューで「大会後の身の振り方」を聞かれ、こう答えていた。

「監督には興味がないのでなりたくないです。カナダが最後のW杯ですが、もし選んでもらえるのであれば、(来年8月の)リオ五輪に出場したいと思います」

 あるサッカー協会関係者が指摘する。

「“監督に興味がない”などとわざわざ発言するあたり、本人も感じ取っているのでしょう。リオ五輪後には、澤をなでしこジャパンの監督にするプランが持ち上がっています」

 現在の監督・佐々木則夫氏の契約は今W杯終了時点までだった。しかし協会は、今大会での手腕を高く評価し、契約をリオ五輪予選まで延長した。

 当初、佐々木監督の後継者としては、監督としてヤングなでしこをU-17W杯優勝に導いた高倉麻子氏が最有力視されていた。だがここに来て、澤の名前が急浮上している。理由は「澤の存在感が想像以上に大きかったため」(同前)だ。

 カナダW杯にあたり、なでしこは若手中心のチーム作りを目指し、澤を代表から外した。しかし、アルガルベ杯(今年3月)では9位と惨敗し、慌てて澤を呼び戻した。すると澤は、招集直後のニュージーランド戦でいきなりゴールを決めた。本大会でも存在感はピカイチだった。

「海外メディアも『史上最多タイ6度目のW杯出場となるホマレ・サワの存在感は刺激的だ』(米・FOXスポーツ)などと手放しで称賛した。“澤不在のなでしこ”は考えられないレベルになっています」(スポーツジャーナリスト)

 澤は現役続行を表明する一方、W杯は今回が最後になると明言している。かねて「女カズ(=三浦知良)になる」と公言し、現役にこだわりを見せる澤だが、当然、“その後”のサッカー人生は近づいている。

「協会は2023年の女子W杯の日本誘致を見据え、本当は来年3月に改選される協会理事に澤を迎えたい。ただ澤が嫌がるのは目に見えているから、“リオが終わるまで待つから、その後に監督を”という交渉に持ちこむのではないか。さすがの澤も、何度も協会のオファーを断わることはできないはずですからね」(同前)

 現役選手から日本代表監督へ──“伝説”はまだまだ続きそうだ。

※週刊ポスト2015年7月17・24日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
佐々木則夫監督 協会から澤抜きのなでしこ作れと期待される
なでしこ 澤に代わるスター育て新たなスポンサー開拓を狙う
「ノリさんと呼ぶな」のなでしこ佐々木監督に選手「ノリオ」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。