ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

テリー伊藤 朝の情報番組掛け持ち出演でご隠居モード突入か

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 3月末に朝の情報番組『スッキリ!!』(日本テレビ系)のコメンテーターを卒業したテリー伊藤(65)が6月30日から、新レギュラーを務める『白熱ライブ ビビット』(TBS系)に出演している。7月2日からは、『チャージ730!』(テレビ東京系)の木曜コメンテーターとして登場。『スッキリ!!』時代には、歯に衣着せぬ発言で“暴走”することもあったが、新レギュラー番組ではどうか――コラムニストのペリー荻野さんが独自の視点で分析する。

 * * *
 そんなわけで、みんながびっくりしたテリー伊藤の朝の移籍劇。10年近く出演した日本テレビ『スッキリ!!』降板後、わずか三か月で同時間帯のTBS『白熱ライブ ビビット』の火曜と水曜、さらにはテレビ東京『チャージ730!』の木曜日コメンテーターに登場し、世間をあっと言わせた。

『ビビット』登場に際しては、「ビビットについにこの人が!」との声で「文句上等!」とばかりにちゃぶ台をひっくり返す番組CMにも出演。大暴れを予感させたが、初登場の火曜日冒頭では「呼んでいただいてありがとうございます」と意外に低姿勢モードだったのが印象的だった。

 その日、井上貴博アナのレポートで「将来、田舎に移住したい人が半数近くいる」という話になったあたりで、エンジンがかかり始めたテリー。自身も鎌倉に家があったとかで、「田舎なら絶対海があったほうがいい。山はさみしいよ!」と発言。井上アナが田舎暮らし体験をしてきたのが、海のない山のお宅だったので、微妙にかみ合わない雰囲気になりつつも、「夕日だって、山より海!」「ヨネスケさんだって、海と山を訪ねるんじゃ、全然違うって言ってた!」と海派発言を繰り返していた。何気なく長く親しまれたヨネスケの「突撃!隣の晩ご飯」の例を出すのもこの人らしい。

 そしてそれが日テレ系だってことも実にテリー流だ。目の前で井上アナが家庭菜園でとれた野菜入りカレーをごちそうになろうと、「空気がいい」「時間がゆったり」などと山暮らしを満喫しようと、オレは海ったら海!
 
 こんなテリー流コメントを見て思ったのは、この人はここで「ご隠居モード」に入ろうと決意したのではということだ。人の意見もどこ吹く風、頑固に自分の意見を押し出す。間違っていると思ったらピシっとたたき、感心のないことは聞こえないふり。そんな目で日曜日のTBS『サンデージャポン』を見ていたら、ますますテリーご隠居モードを確信させる場面があった。

 デーブ・スペクターの「ワールドワイドニュース」の際、同性婚を認めるアメリカの画期的判決の話で、よせばいいのにデーブが「ハンケツという言葉にミッツが反応」と言いだし、ミッツ・マングローブが目を怒らせ「巻き込むな、あたしを!」とぴしゃり。「バラエティーのやりとりしてください…」と困り顔のデーブだったが、麦わら帽子のテリーは苦笑いでスルー。

 続いて関西の番組でうっかり「人気俳優Sが人妻Oを寝取った」と発言したホリエモンに「ネタのセンスが悪い!」と杉村太蔵が突如かみついた場面でも、ふたりの間に座ったテリーはまたまたスルー。よいご隠居ぶりだった。

 かつてはハマコーこと浜田幸一、三宅久之など、政治評論家やベテランジャーナリスト、元政治家、スポーツ界の大御所など言いたい放題の名物ご隠居たちが、言い意味でも困った意味でも番組を盛り上げたものだが、ふと見るとそんなご隠居がほとんどいなくなっているのである。今回の移籍は御年65歳のテリー伊藤のテレビプロデューサー魂が、絶滅の危機に瀕した「ご隠居復活」を決意させた結果なのかも。だとしたら、マネのできない演出技で「大暴れご隠居伝説」を見せてほしい。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
半沢直樹の後継番組が成功しない理由などTVの裏側読み解く本
朝の情報番組『あさイチ』『スッキリ!!』は血液型が良マッチ
美脚が人気のNHK山岸舞彩アナとテリー伊藤の関係が噂に

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP