ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

香港の学生運動の指導者が街頭で襲われ負傷 自作自演説登場

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 香港の学生運動指導者で、昨年9月から12月まで2か月半の民主化運動・いわゆる「雨傘革命」を牽引した黄之鋒氏(18)が6月29日深夜、女性の友人と香港の市街地を歩いているところを何者かに襲われ、2人とも顔面などを殴打されて、負傷した事件があった。

 中国系香港紙「文匯報」は事件について、「楊正剛」との署名入り記事を掲載し、黄氏は襲撃を親中派の仕業に見せかけて、民主化運動を盛り上げるための自作自演で「苦肉の策」などと論評。これに対して、民主派陣営から批判の声が上がっている。

 黄氏は学生団体「学民思潮(スカラリズム)」のリーダーの1人で、香港中心部の道路などで座りこみデモを実行し、香港トップの行政長官選挙を「真の自由選挙」で行なうよう主張。警察がデモ隊に対して催涙ガス弾を使ったのに対し、雨傘で対抗したことから、運動は「雨傘革命」として報道され、西側社会の称賛を浴びた。

 黄氏は雨傘革命のほかにも、2012年、香港政府が愛国主義教育の導入を計画した際も抗議活動を指揮し、大規模な街頭デモを組織した結果、香港政府は計画の撤回に追い込まれるなど、「香港では行政長官よりも有名」とある香港市民は語る。黄氏は顔が知られているだけに、街中を歩けば、誰でも振り返るほどで、それが今回の事件につながったとみられる。

 事件そのものは単純で、29日午前1時ごろ、昨年の座りこみデモの拠点の一つ、旺角(モンコック)の街頭で20歳代の男に突然、顔面などを殴打されたというもの。男は女連れで、暴行のあと、すぐに姿を消しており、この間、わずか1分足らずだった。

 この事件は「学生運動のスター」である黄氏が被害者だったため、香港中のメディアが大きく報道し、「親中派の仕業か」などとの憶測も呼んだ。

 これに対して、30日付の親中国系紙「文匯報」はこれを強く否定する署名記事を掲載し、事件は黄氏の自作自演で苦肉の策と報じた。

 その理由として、7月1日が香港返還の18周年記念日であり、毎年7月1日には民主派グループが大規模な反中デモを行なうことから、黄氏は市民の同情を買って、デモ参加者を1人でも多く参加させようとしたと論じた。

 さらに、学生の民主化グループ内で、運動の方針をめぐって、黄氏の主張と対立するグループも出ており、そのような反対派のメンバーが黄氏らを襲撃したのでは、とも伝えている。

 同紙の書き込み欄には、この記事を支持する意見が多数見られ、香港の親中派グループが動員をかけて、「事件の真犯人は民主派グループの一員」との世論を作り出そうとしているようだ。

 これに対して、民主派寄りの香港紙「リンゴ日報」は署名記事を書いたとされる「楊正剛」という人物は文匯報に在籍しないとして、「楊正剛はだれ」と指摘するなど、メディア間での応酬が展開されている。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
香港で民主派学生らを強制排除へ 天安門事件の再来も懸念
香港行政長官の似顔絵描かれたトイレ紙7600個などを当局押収
香港の大学教授「民主派は見せしめのため厳しく罰せられる」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP