ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

泣きキャラ照英 「わざと泣いたことない。素敵な涙のつもり」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 陸上選手からモデルを経て、芸能界へ。体育会系らしい熱血キャラの照英(41才)は、男泣きキャラでも有名だ。今年初めに放送された『マツコ&有吉の怒り心頭』(テレビ朝日系)では、情報番組『プレさた』(東海テレビ)で照英がコロッケを食べて泣いたり、マッサージ機に座りながら祖父のことを思い出して号泣したりする姿が放送され、ネットでも大きな話題を集めた。“涙の真相”について照英に直撃した。

――照英さんといえば男泣きのイメージがありますが、なぜ泣きキャラになったのでしょうか?

照英:きっかけは『世界ウルルン滞在記』(TBS系)なんです。それまでもドキュメンタリーで泣いたこともあったけど、特に注目されてなかったんですね。あの番組は台本がなくて、マネジャーもいなくて、自由奔放にやらせてもたらうんですね。向こうの人は言葉もわからない自分たちに、ご飯を食べさせてくれたり、遊びに連れて行ってくれたりするから、自分は嬉しくて泣いてたんですね。再会スペシャルでも泣いたりして。

――感情が溢れて、男泣きをしていた?

照英:そうですね。あまりに泣きすぎて、ある時、鼻水も一緒に垂らすくらい泣いたことがあったんです。トルコのカンガルー犬という、カンガルー地方の土着犬で、世界最強と言われている土佐犬みたいな犬がいるんですね。手懐けられたのが嬉しくて、犬に対して語りかけて、延々泣いたことがあるんです。

『筋肉番付』(TBS系)で芸能界No.1になって、ムキムキの肉体で“かかってこい!”と吠えていた男が泣くという、ギャップが面白かったみたいですね。“世界最強の犬に向かって最強の男・照英が泣く”という。それをきっかけに、番組が「照英の泣くタイミング。カウントダウン、5・4・3……」とやり始めたりして(笑い)。

――照英さんが泣くと、つい笑ってしまいます。なんでここで!?とか。

照英:わざと泣いたことは1回もないんだけど、ディレクターさんが編集でいじくるから、そうなっちゃったんですよ。素敵な涙を流しているつもりでいるのに、素敵じゃなくなっちゃったみたいな(笑い)。うちの子供ですら、小学3年生の長男と保育園の年長の長女なんだけど、ご飯を食べながら手を叩いて「パパ、また泣いた!」って笑ってるから。でもぼくは、それでいいと思ってるんですよ。

――家では泣かないんですか?

照英:泣くんですよ~。運動会で頑張って活躍して帰ってきた時とか、「よく頑張ったね、パパ嬉しかったよ」って言いながら泣いちゃったりするんです。子供が頑張った時によく泣きますね。妻に対しては泣かないけど、子供が一生懸命頑張ったとか、テストで100点とったときとか。

 この間も、漢字テストで、涙を流すくらい頑張って勉強していたんです。それで初めて100点をとって帰ってきたんです。嬉しくて、最初見せてもらった時に泣いて、本を読んであげて電気消して寝る前に「頑張ったな」って、またポロポロ泣いて。

――なぜ、そんなに泣いてしまうんですか?

照英:そのときは100点の重みですよね、努力してきたからこそとれたという。「頑張れば必ず結果が出る、あきらめるなよ」というのが、うちの家訓なんです。女房にもですけど、あきらめなければなんでも叶う。誰かがいつか認めてくれる。ということをよく言ってるんです。子供は、女房にも自分にも「勉強しなさい」と言われながら、泣きながら勉強して、100点取ったんですよね。

 8才だけど人生で初めてテストで100点とった。「100点、何人いた?」と聞いたら、小声で「3人くらい…」って言うんです。「そんな遠慮して言わなくていいんだよ、3人って胸をはっていいんだよ。君はその中のひとりで、トップに立ってるんだよ。合格です!」って言いながら涙を流してね。それだけでいい、ほかの科目は負けたっていいんだよ。子供と一緒にポロポロ泣きました。

――こんなお父さんに育てられたかった!

照英:君は天才だって。100点とったので“漢字博士”と呼んでるんですけど。「君は漢字博士だから、パパたちが何も言わなくても絶対できるね」と言ったら、どんどんできるようになるんですよ。

 ぼくは真っ直ぐに人生に向き合っているんです。真っ直ぐ子育てしてるから、基本、嘘はないんですよね。だから本気で泣いているし、嘘で涙を演じたことは1度もないんです。テレビがキャラクターを作り上げるから嘘っぽくなるんだけど、ぼくは何ごとにも真剣に向き合っているからこそ、涙が出るんです。

【照英(しょうえい)】
1974年4月4日生まれ。埼玉県出身。学生時代は陸上競技・やり投げの選手として活躍。卒業後、ファッションモデルに転身し、ジョルジオ・アルマーニなどのショーに出演する。その後はテレビにフィールドを広げ、熱血キャラと頑丈な肉体を生かし、『筋肉番付』(TBS系)などの体を張ったバラエティーをはじめ、ドラマや旅番組、育児情報番組のMCなど、タレント・俳優として幅広く活躍している。7月初旬、オリジナルラインスタンプがクリエイターズスタンプで発売予定。

撮影■林紘輝


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
アップル信者の若手社員 先輩にジョブズをからかわれ大号泣
近所の夜泣きに「泣き止ませろ」と怒鳴りこむ男 孫生まれ豹変
嵐・二宮和也 「50才の自分にはもう落ち着いていてほしい」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。