ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

NETGEAR、バッテリー駆動を採用し屋外にも設置可能なAndroid対応のネットワークカメラ「ARLO」を発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

NETGEAR が、バッテリー駆動を採用し屋外にも設置可能な Android 対応のネットワークカメラ「ARLO」を 7 月下旬に発売すると発表しました。ARLO は 110 度の広角レンズを備え、720p 画質で映像を記録できるネットワークカメラです。カメラ本体とベースステーションが Wi-Fi でつながる仕組みなので、Wi-Fi 電波が届く範囲ならカメラの設置場所を自由に選べます(カメラは防水対応です)。ベースステーションには自宅 LAN のケーブルを接続するのでどこかに固定することになります。また、カメラにはナイトビジョン機能やモーション検出機能が搭載。撮影した映像は NETGEAR が運用しているクラウドサービスに保存できます。Android 向けに専用アプリも提供されるので、屋外からでもスマートフォンで映像を確認することができます(PC ブラウザや iOS アプリでも可能)。カメラで使用するバッテリーは「CRC123」× 4 です。ARLO はカメラ 2 台とベースステーションのセット「VMS3230-100JPS」(49,800 円)として発売され、追加カメラ「VMC3030-100JPS」が別途販売(17,800 円)されます。1 つのベースステーションには 3 台までのカメラを登録できます。Source : NETGEAR


(juggly.cn)記事関連リンク
Huawei Mate 8とされる端末の画像とスペック情報が伝えられる
Nest Camがベルギー、フランス、アイルランド、オランダ、英国でも発売
Microsoft、スケジュール調整アプリ「Tossup」をGoogle Playストアにリリース

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP