体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「KING SUPER LIVE 2015」参加レポ! 5万4千人のアニソン好きが歓喜した奇跡のステージ

「KING SUPER LIVE 2015」参加レポ! 5万4千人のアニソン好きが歓喜した奇跡のステージ

ソロステージのトリを飾った水樹奈々さん
6月20・21日の2日間、さいたまスーパーアリーナにて、キングレコード主催による初の大型アニメソングフェス「KING SUPER LIVE 2015」が開催された。

林原めぐみさん、森口博子さん、水樹奈々さんをはじめとした、創立から84年の歴史を持つキングレコードが誇る、アニメソング史を彩ってきたレジェンド級のアニソンシンガーや、人気声優アーティストたちを中心に、両日22組のアーティストが登場。

キングレコードに所属するアーティストを中心に、これまで果たされなかったアーティストたちの共演が実現するだけあって、チケットの争奪戦は途方もない倍率となっていた。

そしてイベント当日、会場に詰めかけたファンは両日合わせて54,000人。開演前から公演を待ちきれないファンの興奮と熱気で独特な空気につつまれていた。

合計47曲にも及んだ、空前絶後の豪華メンバーによる夢の舞台の初日様子を、写真とともにレポート! ※セットリストは記事末尾参照

photo:kamiiisaka

夢の2日間が開幕!

次々と観客がアリーナ内部へ押し寄せ、開始が近づくにつれて会場がはちきれんばかりの緊張に包まれていた。

どのアーティストが登場するのかと、会場中が固唾をのんでステージを見守る中、いよいよ開演。

記念すべきライブの幕開けを飾ったのは、高橋洋子さんの「残酷な天使のテーゼ」!

『新世紀エヴァンゲリオン』のOPテーマとして知られ、最も有名なアニソンといっても過言ではない神曲のいきなりすぎる登場に、会場は歌詞の通り熱いパトスで一丸となった。

そして間髪入れずに「魂のルフラン」が披露され、圧倒的な存在感の歌声を響かせた。

まったく熱気が冷めやらぬまま、今度はステージの真横からほっちゃんこと堀江由衣さんがフロートに乗って、「ヒカリ」を歌いながら会場中を滑走する。

早すぎるほっちゃんの登場に会場全体がどよめき、この日が期待を上回るサプライズに満ちていることをすでに予感させていた。

続いて正面ステージに姿を現した米倉千尋さんは、デビュー曲で『機動戦士ガンダム 第08MS小隊』のOPテーマでもある「嵐の中で輝いて」を力強く歌い上げる。

一緒に夢の国を探しに行きましょう」というこの日初めてのMCから、『仙界伝 封神演義』OPテーマの「WILL」が披露され、会場はすでにクライマックスを迎えたかのような盛り上がりとなった。

若手アーティストの勢いも負けていない!

そして、ここからは佐藤聡美さん、カスタマイZゆいかおりかなでももこさん、小松未可子さん、every♥ing!といった、2000年代にデビューした若手アーティストが次々と登場!

現在のアニメソング界を彩る楽曲が次々と披露され、息つく暇もない怒涛の展開で、それぞれのアーティストたちが観客の心を鷲掴みにしていた。

特に、声優として数々の作品に出演しながら、歌手としても多数のライブを行っている上坂すみれさんと、小倉唯さんのステージはひときわ目を引いた。

ロシアやロリータ・ファッションなどに造詣が深く、若手声優の中でもひときわ特異な地位を築く上坂すみれさんは、客席上空をゴンドラに乗って飛びながらデビュー曲「七つの海よりキミの海」を熱唱。

大玉の風船もアリーナに投下されるなど、さまざまな演出が飛び交うなか、会場をサイリウムで真っ赤に染め上げていた!

1 2 3次のページ
KAI-YOU.netの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。