ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

小手先の就活ノウハウよりも、ずっと強力に採用担当者の心をつかむ方法がある

DATE:
  • ガジェット通信を≫

先日、イベントで知り合った就活生から内定の報告をもらいました。中堅大学に通う男子学生で、彼は食品メーカーの企画営業職を志望していました。

意欲ある学生さんなので、あわよくばうちの会社にと思っていたのですが、今回は残念ながらご縁がなかったようです。相談を受けながらずっと彼に話していたのは、「就活の勉強なんかせずに、ビジネスの勉強をした方が意味あるよ」ということでした。(文:河合浩司)
面接に「新商品の企画書」を持って行った学生

就活というと「伝わる自己PR」や「面接の必勝法」「適職が見つかる自己分析」などに偏りがちですが、これらは大して役に立ちません。そんなことよりも、仕事に興味関心を持ち、調べてくる学生さんと会いたいと常々思っています。

この学生さんも当初は「どんな自己PR文だと評価が高いですか?」などと質問してきていました。私は「そんな小手先のノウハウより、仕事自体について考えた方がいい」と言って企画営業職の仕事内容を説明すると、すぐに強い関心を示していきました。

それから彼は、転職サイトなども活用して仕事内容を調べ、ただ営業で訪問してまわるだけでなく、商品企画を考えながら営業もするという仕事の存在を知りました。これこそ、まさに彼がやりたかった仕事だそうです。

そこで彼に「どんな商品企画がしたいの?」と尋ねると、初めは「まだ分かりませんよ。入社してから考えます」と言っていたので、「入社を待つ必要なんかないさ。先に『例えば』を考えてしまえば、向こうから誘ってくれるようになるよ」という話をしました。

今は情報が溢れています。志望している会社がどんなビジネスモデルなのか、そこにはどんな事業環境の変化があり、どんなチャンスと課題があるのか。新聞や雑誌の記事、関連書籍やネットの情報など、使えるものはたくさんあります。

これらを総動員して、彼はその会社で売り出すべき新商品の企画書を作り、面接に持っていきました。すると一次面接の終了後に、次の選考を飛ばして最終面接に進めることになったそうです。
「志望企業のビジネスモデル」を調べ、課題を考える

これは当然の流れだと思います。企業は日々の経営に力を貸してくれる人を探し求めています。そこに「例えば、こんな方法はいかがですか?」という学生さんが来たら、ぜひ一緒にやってくださいと言いたくなるでしょう。たとえ多少アイデアが未熟でも可能性を感じるので、期待したくなります。

これは、転職の時にも通用します。先日、大手通販会社に転職した社会人5年目の男性から話を聞きました。もともと彼が就活生の時に出会い、当社とは縁がなかったのですが、社会人になってからも年に数回会っていました。

彼が転職を希望し始めた時に、相談を受けていたのですが、話した内容は冒頭の就活生に伝えたことと同じです。

「志望企業のビジネスモデルを調べて、課題を見つけ、解決策の例を考える」

簡単に言えば、ただこれだけなのです。採用担当者としても、「例えばこんな解決策は効果ありませんか?」とアイデアを持ってきてもらえたら、「ぜひうちで一緒にやってください」と言いたくなるものですよ。

私が大学の就職課にいたら、必ずこのような指導をします。目の前の就職だけでなく、卒業後にも役に立つことを伝えてあげられたら、意義があると思いませんか?

あわせてよみたい:世間知らずな親の過干渉が内定を遠のかせる
 

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
キャリコネの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。