ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ドコモ、SIMロック解除を半年から即日対応へ(一部対象外)

DATE:
  • ガジェット通信を≫

2015年5月1日からのSIMロック解除義務化を受け、従来の即日対応から一律半年に引き延ばしていたドコモ。本日新たに発表された新ルールはユーザからの声を受け止めた内容となりました。
新ルールではドコモ端末購入後、6ヵ月を経過しなければSIMロック解除に応じないとしていましたが、本日発表した新ルールでは、5月1日以降に発売された端末であっても条件を満たしていれば、即日解除を受け付けるそうです。ただし、注意したいのは「SIMロック解除実績がある」人が対象ということ。

対象者 変更後の受付条件
契約回線において、前回のSIMロック解除実績から
6ヵ月以上経過している 新規購入端末の即日解除に対応
契約回線において、前回のSIMロック解除実績から
6ヵ月以上経過していない 前回のロック解除から6ヶ月経過時点で対応

今回の改正は、これまで海外出張などSIMロック解除を都度行う必要のあったユーザからの要望が大きかったため。そのためSIMロック解除実績がないユーザは、5月からスタートしたルールどおり「購入から6ヶ月経たないとSIMロック解除はできない」ということになります。

ただし、4月30日までに発売された機種を購入する場合は、購入当日にSIMロック解除を行うことができます。

上記のルールは7月13日より適用され、条件に当てはまる契約者であれば即日でのロック解除が可能となります。もちろん、5月1日に発売された機種を既に購入している場合でも、上記条件が適用されます。

 

中古端末の持ち込みの場合は適用となるの?
リリースを見る限り、ドコモから購入した端末以外(中古端末)を持ち込んでのSIMロック解除や、解約後の利用者のSIMロック解除に関する内容は言及されていません。こちらもSIMロック解除実績のない人と同様に、今年5月から施行されているルールに準じています。

なお、現在のところ、au、ソフトバンクからの目立った動きが見られません。こうした良いアクションに関しては、是非とも「横並び」でリリースして欲しいところですね。

 

(文:SIM通編集部)

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
SIM通の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP