体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「スイカは塩より黒コショウ!?」食べたらハマる衝撃の組み合わせ8選

150707_food-combinations

一見、ありえなさそうな組み合わせが意外に「美味しい!」ということはよくあること。例えばピザにトッピングするパイナップルだって、すでに市民権を得ている感があります。

日本人からしてみたら、思いつきもしない遊び心ある食のミクスチャーを「BUSTLE」で紹介しているのは、20代のアメリカ人女性KAT KUEHL氏。「それはナシでしょ〜」と、ひるんでしまうコラボも。でも、勇気をもってトライしてみれば、思わぬ発見に出会える!?

shutterstock_173041076

01.
サラミと
ピーナッツバター

いきなり驚きの組み合わせ。KUEHL氏によると、サラミのスパイスとクリーミーなピーナッツバターの組み合わせが「最高!」なのだとか。彼女のお父さんから受け継いだKUEHL家伝統の味だそう。ふたつの味が喧嘩しそうな気もしなくないですが…カロリーを気にしない人は試してみてもいいかも。

02.
クリスピーベーコンと
チョコレート

shutterstock_165615758

「チョコでコーティングされたベーコンは、ありがちなチョココーティングのプレッツェルより一段上手」と、こちらもKUEHL氏おすすめの組み合わせ。個人的な嗜好かと思いきや、実際にウィスコンシン州のお祭りでは定番的な存在だそう。いわゆる、チョコレートをコーティングしたポテトチップスが近そう。これって、スナック?それともスイーツなの?

03.
苺とトマト

これをサラダと考えれば、なくはない!?でも、KUEHL氏が推薦するのは、「ストロベリーメインのガスパチョ(冷製スープ)とか、イチゴジャムをグリルしたチーズの上に乗せて、トマトソースをかける」といった“凝った料理”。これは味の想像がつきやすくて、ハードルが低いコラボかも。

04.
ココアパウダーと
アボカド

shutterstock_244392034 (1)

アボカドを使った料理にばかり目が行きがちだけど、チョコレートとアボカドの相性の良さを強調するKUEHL氏。彼女の言う通りケーキ、ブラウニー、ムース、トリュフとアボカドはスイーツに使われることも多い食材だけに、味の想像はつきますね。加糖のココアパウダーの方が合いそう。

05.
パルメザンチーズと
ダークチョコ

ダークチョコとチーズにとにかく夢中という彼女。この相性の良さを証明する科学的根拠なんてないそうですが…。ところが、このチョコレートとパルメザンチーズ、知る人ぞ知る相性抜群の家庭の味。カリカリに焼いたパルメザンチーズにチョコをディップして冷やし固めた、デザート感覚のホームメイドスイーツが欧米では人気のようです。

06.
サーモンには
BBQソース!

shutterstock_261292958 (1)
1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy