ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

公式HPに客室写真ばかりで建物外観ないホテルは要注意と識者

DATE:
  • ガジェット通信を≫

“おとな旅コンシェルジュ”こと、航空・旅行アナリストの鳥海高太朗氏は、仕事でもプライベートでも全国のホテルを泊まり歩いている。当然アタリやハズレがあるが、やはりアタリを引きたいと考えた鳥海氏が、ホテルを心から愛するスペシャリスト『週刊ホテルレストラン』編集長の岩本大輝さんとホテル評論家の瀧澤信秋さんにハズさないホテル=すべらないホテル選びの秘訣を聞いた。

コンシェルジュ(以下、コ):私はホテルの公式ホームページやインターネットの宿泊予約サイトでホテルを予約することが多いんですが、これってダサイですかね?

岩本大輝:ダサイってことはないですが(笑い)、サイトにアップされている写真はあまり信じすぎないほうがいいですね。たとえば、広角レンズで撮影した部屋の写真だと実際よりも広く見えるので、チェックインしてみてがっかり……なんてこともあります。それよりも私が参考にしているのは、『楽天トラベル』『じゃらん』『トリップアドバイザー』『フォートラベル』などの宿泊予約サイトに掲載されている、実際の利用者の「口コミ」情報です。

コ:なるほど、見た目だけじゃダメなんですね。女性と同じってワケか。

瀧澤信秋:ホテルの公式ホームページに小ぎれいな客室の写真ばかり載っていて、建物の外観の写真がないところは要注意です。客室は改装したけれど外観までは手が回っていない、という中途半端なホテルの可能性が高いからです。

※週刊ポスト2015年7月17・24日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
スカイツリー入場券付きホテル宿泊プラン 6ホテルで販売中
ビジネスホテルが一泊四千円でやっていける理由を記した書
紅葉時期はホテル満室の京都 大阪や滋賀に泊まるのも手

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。