ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

小林幸子 騒動の時さだまさしに言われた「真実は一つ」に感謝

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 デビューして41年、『精霊流し』『秋桜』『関白宣言』など、数限りない代表曲を送り出してきたヒットメーカー・さだまさし(63才)。今や小説家やテレビ番組のMCとしても大活躍。その素顔について、歌手の小林幸子(61才)が語った。

 * * *
 あにい(さだまさしのこと)は私の恩人です。3年ほど前、いろいろあった時、留守電に“あにい、助けてー”とだけ入れたら、“どうした”とすぐ電話をくれ、ボロボロ泣きながら曲をお願いしたんです。

 それまでの経緯も相談してましたから、すべてを察し、『茨の木』を作ってくれました。騒動のことは、“何も言うな、真実はひとつ”とあにいが言うので、今も何も話してません。

 私に関するネタを週刊誌の記者が聞きに行った時、追い返しもせず、じっくり話を聞いて、そうじゃないと、あにいは説得してくれました。“おれも結構忙しくて寝てないんだけど、その子の人生相談聞いたりして、1時間半話しちゃったよ”って。

 おかげ様で、そのネタ、記事になりませんでしたけど(笑い)。

※女性セブン2015年7月9・16日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
早稲田大学さだまさし研究会 楽曲に登場の地探訪が主な活動
平原綾香の父・平原まこと氏 さだまさしは「とにかく自然児」
人気のNHK「生さだ」 ハガキ投稿はさだまさしがすべてチェック

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP