ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

奥手男子の初デート 「今度誘うよ」と伏線を仕込むのが有効

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 恋人のいない若者の数が上昇している。最も多い理由は「出会いがない」だというが、恋愛の進め方が分からないという声もある。

 内閣府が先日発表した結婚や家族形成に関する意識調査によると、「恋人がほしい」と答えた20~30代の未婚男女のうち、2割の人は「気になる人にどう声をかけていいかわからない」と回答。昨年、リクルートブライダル総研が行った調査でも、「声のかけ方がわからない」「恋愛や交際の進め方がわからない」などの声は年代が若くなるほど高まるとしている。

 交際への発展方法といえば、デートに誘ってつきあう。というシンプルなことだが、それが難しいという若者は少なくないようだ。そこで、女性をうまくデートに誘う方法について、マナー作法に詳しい元国際線CAでフードアナリストの花さんに聞いた。

 まずすべきは、会話をして仲良くなること。出会いの飲み会の場でも、職場や学校でも、「いいな」と思う女性からいるなら、話をして相手の生活スタイルや好きなことなど情報を引き出し、自分と合うところを広げていくことから。

「相手の女性から『行ってみたい!』『楽しそう!』を引き出すことです。デートに誘う前に、自分の好きなものや美味しいお店、最近楽しかったことなどを話して、彼女が何に興味を示すか会話の中で探ります。乗ってきたところをキャッチして誘えば、いやらしくならないですよ。彼女が行きたいと言ったから誘ったという流れを作るのがポイントです。

 彼女が乗ってきたら、『じゃあ今度行く時に誘うよ』と言っておくと、相手も誘ってくれることを想定しているので、そういう会話をした前提で誘いのメールがきてもいやらしくなりません。急にデートに誘うと相手も構えてしまいますから、普段の会話の中で種をまいておくと誘いやすいですよ」(花さん、以下「」内同)

 飲み会では、恋愛対象から外されがちな盛り上げ役にならず、女性全員に気を配りながらも、気になる女性から特に話を聞き出す。黙っていると気を遣わせてしまう上に、興味がないと思われてしまうので気をつけたい。連絡は、忘れられない5日~1週間のうちに。気になる女性が身近にいるなら、助けたり励ましたり、体調を気遣うと女性はうれしくなるので距離を縮めやすい。

 続いては、デート場所の決め方。相手の得意分野に合わせるよりは、自分の得意分野に彼女を引き込む方が得策だという。

「相手が自分の得意分野に興味を持ってくれないと難しいですが、ある意味、相性もわかるのでは。相手に合わせることはもちろん大事ですが、最初は自分の“ホーム”で勝負する方がうまくいきやすいです。自分が全く分からないと、女性任せになって頼りないと思われてしまうことにも。自分の得意な分野に引き込む方が、頼りになる、知識があると素敵に見えたり、尊敬に変わることもありますよ」

 ここで気になるのは、初デートに食事を選ぶか、アクティブに遊べるスポットを選ぶか問題。

「相手が何に興味を示したかにもよりますが、最初は遠出せず、落ち着いて話ができるデートがお勧めです。ガヤガヤと騒がしいお店は、会話しにくく疲れてしまうのでお勧めしません。女性はおしゃれしてきますから、ヒールで長く歩くと疲れて気分も下がってしまいます。最初は昼だけ、夜だけと長く引っ張らずに切り上げると疲れず余韻も残せます。初デートは会話を盛り上げて、お互いの好きなものを引き出してからアクティブなデートをしたらいいと思います」

 ちなみに、気になる女性が国際線CAの場合、海外へのフライトが多いため、1か月先のフライトスケジュール確認が必須。仕事の出張先とフライト先が偶然被り、現地でデートしたなんて夢のようなエピソードもこの職業ならでは。

「現地デートは盛り上がりも違ってきますし、いつもの3割増しで男性がかっこよく見えました(笑い)。そんな機会はなかなかありませんが、もしあったら、そのチャンスは逃さず使いましょう!(笑い)。フライト帰りに、疲れているだろうからと空港までドライブしながら家まで送ってくれた人もいました。優しいなとキュンとしましたし、思わず私から次のデートの約束をしましたよ」

 続いては、デートでのNG行為について聞いてみた。

「まず、酔っ払うこと。仲良くなってからならいいですが、酔っ払うと顔が緩んでかっこよくなくなりますし、最初は相手を気遣って話していたはずが、変なことを言ってしまったりもしますから。声をかけずに煙草を吸ったり、相手がいるのに携帯ばかり見るのも感じが悪い印象です。爪を噛むとか貧乏ゆすりとか、癖も無意識に出てしまうので、仲良くなるまでは注意したいですね。あとは臭いも要注意です。体臭や口臭に女性は敏感です。会う前にチェックして対処しておきましょう。音を立てて食べたり、食べ物をまずいと言ったり、店員や会社の文句を言う行為も女性は嫌うので気をつけたいですね」

 最初のデートを盛り上げるには、女性を喜ばせるのがポイント。それには、聞き役になることと褒めること。

「盛り上げようとすごくしゃべる人がいますが、聞いてほしいと思うのが女心。興味をもたれると嬉しいものですから聞いてあげましょう。そして女性は褒めるにつきます。デートのために一生懸命用意してきた服装や姿を『かわいいね』『似合ってるね』と褒めたり、今日のデートを楽しみにしていたことや、楽しいと伝えると、相手は嬉しくなってデート中の気分も上がりますよ」

 デートをしたら告白を。4、5回デートをしたから何も言わなくてもつきあっていると考える男性は少なくないそうだが、女性からすると困るパターンだとか。

「しっかり『つきあって』と言いましょう。言われないと女性もわかりませんし、5回もデートしてるのにつきあおうって言ってくれないなんて…と不信感や不安を抱かせてしまいます。女性はシチュエーションを大事にするので、告白は電話やメールではなく会って伝えましょう。たとえば初めて出会った場所でもいいですし、いい思い出になるシチュエーションを作ってあげましょう。最初が大事です。『メールで言われた』とか、『駅のホームで別れ際に軽く言われた』と、ケンカした時など、この先ずっと言われることになります。いくら奥手でも、ここだけは勇気を出さないとだめですよ!」

晩婚や非婚化が深刻な日本。歯止めをかけるべく、「恋愛がめんどくさい」なんて言わずに男気でがんばってほしい。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
栗山千明 大学生バンドマンの恋人と割り勘焼き鳥店デート
新月9ドラマ 新進気鋭の脚本家が寿女優をどう料理するか注目
初デートで割り勘男は「付き合う価値なし」とさかもと未明氏

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP