ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

知育の常識を覆す! チームラボの遊んで学べる「未来型遊園地」が横浜で開催

DATE:
  • ガジェット通信を≫


お絵かきタウン
ウルトラテクノロジスト集団・チームラボによる子ども向け体験型イベント「チームラボ お絵かきタウン&ペーパークラフト」が、神奈川県横浜市にあるショッピングセンター・モザイクモール港北にて、7月15日(水)から8月31日(月)まで開催される。

これは、チームラボが行っているデジタル・インスタレーションによる教育プロジェクト「チームラボ 学ぶ! 未来の遊園地」の一環として出展される作品展。

会場では、子ども向けのデジタルインスタレーション作品「お絵かきタウン」「お絵かきタウンペーパークラフト」「小人が住まうテーブル」の3アトラクションが展示される。

子どもの五感を刺激する体験型遊園地を展開!

チームラボは、プログラマー、エンジニア、CGアニメーターなど、デジタル分野におけるさまざまなスペシャリストが集結したウルトラテクノロジスト集団。

同団体が開催する「チームラボ 学ぶ! 未来の遊園地」では、子どもたちが共同で創造する「共創(きょうそう)」の体験を学ぶ遊園地を展開。

最新のデジタルテクノロジーなどを使い、子どもたちが同じ空間で、自由に体を動かしながら互いに影響しあう、体験型の教育プロジェクトとして、日本各地での開催のほか、ヨーロッパで行われた世界最大規模のデザインの祭典「ミラノサローネ2014」にも出展された。

さらに、2014年には東京・お台場にある日本科学未来館にて、チームラボのアート作品と遊園地を一度に体験できる世界初の企画展「チームラボ 踊る!アート展と、学ぶ!未来の遊園地」を開催。約47万人を動員するなど、その活動は国内外で大きな注目を集めている。

自分の描いた絵が立体となって動き出す!

今回のイベントでは、子どもたちが平面に書いた絵が3Dで出現し、ひとつの街を形成していく「お絵かきタウン」や、描いた絵をスキャンすると出力される展開図を組み立ててペーパークラフトがつくれる「お絵かきタウンペーパークラフト」を展開。

さらにテーブルにプロジェクションマッピングで映像を映し出し、その上に置いた手や物に反応して映像が変化するインタラクティブデジタルインスタレーション「小人が住まうテーブル」も楽しめる。

引用元

知育の常識を覆す! チームラボの遊んで学べる「未来型遊園地」が横浜で開催

関連記事

カテゴリー : エンタメ タグ :
KAI-YOU.netの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP