ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

次世代アイドルパビリオン『ミナミアイドルフェスティバル7.5』が大盛況!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

次世代アイドルパビリオン『ミナミアイドルフェスティバル7.5』が、大阪ミナミのなんばグランド花月下にある劇場、YES THEATERにて行われた。

関西、西日本を中心に「次に来る!」アイドルが一堂に会したこのイベント。 今回からは開場前、ライブ中にニコ生放送や『N.M.Y.L.』と題した“口パクライブ”も行い、一日を通じて“楽しめる”イベントとなった。

スタートはYES THEATERに併設しているサテライトスタジオでニコ生放送が12時から開始。前半戦はCalla☆、chouette*、minAmin、PLCwest、SweetRicotta~Asuka、高橋ありさ、メルヘンヌ、DDプリンセスが出演。スタジオの前にも多くのファンが集まり、ライヴ前からファンのテンションも絶好調だった。

そして、この後に行われたのが『No Mouth Yes Live』。これは、本番前のアイドルがあえて“口パク”で歌いという企画。YESTHEATER入口前にスペースを作り、ニコ生と同じ順番で1曲歌唱。通行人たちにも出演者たちのパフォーマンスをアピールする新しい形のデモンストレーションとなった。

そして、 総勢16組、約6時間に及ぶイベントがスタート。Calla☆、chouette*、、PLCwest、minAmin、SweetRicotta~Asukaと続く。

熱いライヴと並行してニコ生放送、口パクライブも15時半頃から後半戦がスタート。Purpure☆、Galaxy☆Cat、Carnival☆Stars、アンジェル、カミマエヅwktkメイツ、ポンバシwktkメイツ、TAKENOYAMA24、つぼみ、池本真緒が出演し、会場を盛り上げた。

ライヴもいよいよ後半戦。 高橋ありさ、メルヘンヌ、DDプリンセス、Purpure☆、Galaxy☆Cat、Carnival☆Stars、アンジェル、ポンバシ&カミマエヅwktkメイツ、TAKENOYAMA24、つぼみ、池本真緒とどれも魅力的なステージを繰り広げ、7月の思い出をファンにプレセントした。

次回の『ミナミアイドルフェスティバル』は8月9日。出演者は随時オフィシャルfacebook Page、Twitterで発表していく。

(OKMusic)記事関連リンク
元記事を読む
『ミナミアイドルフェスティバル』オフィシャル Facebook
6月に引き続き、7月5日に「ミナミアイドルフェスティバル7.5」開催決定

カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP