体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

巨大ロボット対戦実現か?米メガボットの挑戦に日本の水道橋重工「受けてたつ」

6月30日、ロボット開発を行う米MegaBots(=メガボット)が1本の動画を公開した。
動画にはまず、アメリカ国旗を羽織った2人の男性が登場。そして巨大な銃を搭載した搭乗式戦うロボット『メガボット2号機』の開発に成功したとドヤ顔で語っている。

【関連:シャープの『萌えるロボット掃除機』の未来が意外と壮大だった件】

米MegaBots

■米MegaBotsが日本の水道橋重工クラタスに挑戦状

操作は2人チームで行われ、1kgのペンキ砲弾を160キロで発射する事ができるといい、その威力を示すため動画では実際に発射した様子も映し出されている。

米MegaBots

だが、この『メガボット2号機』は、「“世界初”の戦う巨大ロボット」という肩書きを、日本の水道橋重工が開発したKURATAS(クラタス)に先に奪われていると説明。

米MegaBots

そこで「水道橋!俺たちには巨大ロボットがある。お前たちにも巨大ロボットがある。次に何が必要かは分かるだろう?俺たちは決闘を申し込む。」とKURATASに対し決闘を申し込んできた。

「だからよく準備して、そして戦場を選べ。」と戦闘準備期間を設け戦場の指定を任せる事を伝え、最後は「1年後に、そこで戦おう。」と一方的メッセージで締めくくっている。

米MegaBots

突然のこの挑戦にネット上は一時騒然。動画は約300万再生され、「実現してほしい」というコメントが数多くよせられた。

それから約1週間後の7月5日。今度は突然挑戦状をたたきつけられた水道橋重工から1本の動画が公開された。

■水道橋重工「WE ACCEPT.」

水道橋重工

動画には水道橋重工のCEOでKURATASの開発者でもある倉田光吾郎さんが登場。
「いきなり来たから……」と突然の挑戦に戸惑いを示しつつも「おもしろいけどね」と事の成り行きを楽しんでいる様子。

そして次のシーンでは、米MegaBotsの2人にならい日本国旗を羽織って、挑戦を受けてたつというポーズを示した。

水道橋重工

続けては怒濤(どとう)の挑発ラッシュ。『メガボット2号機』のルックスに対し「もうちょっとカッコよく作れよ!」とバッサリ。更には、「デカいものに銃つけりゃいいっていうアメリカ文化」「アメリカ丸出し」と余裕の表情でコメント。

水道橋重工
1 2次のページ
おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy