体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ブルックリンに学ぶ[2] 大人の秘密基地。部屋の中の小屋を覘く

ブルックリンに学ぶ[2] 大人の秘密基地。部屋の中の小屋を覘く

小さいころに、家の中でテントを張って遊んだことはありますか? いつもの空間をテントや小屋で囲うと、風景が違って見えて気持ちも若干変わりますよね。今回は、そんな部屋の中に小屋をつくってしまった2部屋をご紹介します。小さな部屋でもできる面白アイデアです。●連載「ブルックリンに学ぶ 住まいとまちのつくり方」
5つあるニューヨークのエリアの中でもっとも人口の多いブルックリン(約250万人)。昨今さまざまなメディアでポートランドとともに注目を集めています。そんなブルックリンでは人々はどんな暮らしをしているのか? 住まいやまちづくりのヒントとなるような最新事情をお届けします。小屋で遊ぶ
1.部屋の中なのに外気分。ツリーハウスと小屋を行き来して暮らす

広いロフトの両端に置かれた小屋を行ったり来たりしながら暮らすTerri ChiaoとAdam Frezza。CHIAOZZA(www.chiaozza.com)という名でアートユニットを組む、公私ともにパートナーの二人。二人のアートは、パステルやネオンを多用したとってもカラフルで、形もユニークなものばかり。そんな彼らの部屋は、部屋自体も愛着ある多くの色や細々としたモノに溢れています。

【画像1】部屋に住むAdam(左)とChiao(右)。後ろの壁に多くかかった絵やコラージュは、自分たちでつくったり友人のアーティストからもらったものばかり。一つ一つに気持ちが籠っている(撮影:小野有理)

【画像1】部屋に住むAdam(左)とChiao(右)。後ろの壁に多くかかった絵やコラージュは、自分たちでつくったり友人のアーティストからもらったものばかり。一つ一つに気持ちが籠っている(撮影:小野有理)

もともとは「大きな一面の窓が気に入って」入居を決めたChiao。高い家賃をシェアするルームメイトを募集し、お互いストレス無く暮らせる間取りを、何日もじっと床に座って考えたそう。単に壁で仕切った新たな部屋をつくるのは何だかつまらない。いろいろ悩んだ末、「ツリーハウス」と「小屋」をつくることを思いつきました。

木や植物がたくさん置かれた部屋のツリーハウスと小屋。まるで森の中でひっそりと隣り合うテントのようです。最低限のプライベートは守りつつ、親近感は失わずに気持ちよく過ごせるのでは、と考えたChiaoの狙いは的中。部屋の両端に置かれた小屋たちは、絶妙な距離感で二人の暮らしに寄り添っています。

小屋の広さは5畳ほどで、こじんまりした「おこもり」感ある空間。とがった屋根と合板の木目が山小屋のようです。私が思わず唸ったのはその小屋の向き。Chiaoは、四角い部屋の角の部分から対角線を引くように、斜めに小屋を置きました。そうして生まれた角と入口の間のスペースは前庭に。小屋に入るとこのプライベートガーデンとサンサンと照らす窓の光しか見えず、同じ部屋にいることを忘れてしまいます。

【画像2】寝室にしている小屋から、仕事部屋の小屋を眺める。小屋の間の空間は外と見なしているので、たくさんの木々や植物を置いてアウトサイドな感じを演出している(撮影:小野有理)

【画像2】寝室にしている小屋から、仕事部屋の小屋を眺める。小屋の間の空間は外と見なしているので、たくさんの木々や植物を置いてアウトサイドな感じを演出している(撮影:小野有理)

【画像3】リビングから見る小屋。手前のテーブルには展覧会を間近に控え制作真っ最中の次の作品が並ぶ。一面の窓を向いた小屋の前には、たくさんの植物が置かれたプライベートガーデンが。仕事に疲れたらガーデンの椅子に座り外を眺めるのがChiaoのお気に入り(撮影:小野有理)
1 2 3次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。