体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【映画惹句は、言葉のサラダ】 第2回 スタジオジブリ作品の惹句には、映画をヒットさせるための仕掛けが込められている。

●日本映画歴代ヒット作ベスト3は、すべてジブリ!!

 前回が外国映画の歴代ヒット作の惹句を扱ったので、では今回は日本映画のヒット作をと、歴代ヒット作を調べてみたんだけれど・・1位『千と千尋の神隠し』興行収入304億円、2位『ハウルの動く城』196億円、3位『もののけ姫』193億円。なんだ。全部スタジオジブリのアニメ映画、3本とも宮崎駿監督特品ではないか。しかもジブリ作品については、鈴木敏夫プロデューサーが自らたくさんのエピソードを披露していることもあり、今さら云々しても・・と思うけど、今だからこそ見えることもまたあるはず。そんな発見を期待して、3本のジブリ作品の惹句を改めて云々しましょうか。

●すべての宮崎監督作品に共通する「生きろ。」という惹句

 まず歴代ヒット作第3位の『もののけ姫』。1997年夏に公開され、その年の正月には『タイタニック』が大ヒットしたせいで、歴代邦画・洋画ヒット作ナンバーワンの座には半年弱しかいなかったけれど、それでもこれは凄い映画。壮大なスケール、骨太なドラマ。未だにDVDで見直し、そのたびに「ハヤオ様!!お見それいたしましたーっ!!」と平身低頭してしまうほどの、凄まじいパワーを感じさせる大傑作だ。この映画の惹句は、もう有名。

「生きろ。」

 たったこれだけ。わずか4文字(マル込みで)。シンプル・イズ・ザ・ベスト。確かにそうだけど、映画をヒットさせるための惹句としては、説明もメッセージ性も不足しているのではないだろうか。通常、映画の宣伝用惹句にこの1行を提示された場合、どこの宣伝部長も即座にOKは出さないだろう。惹句の詠み人は、コピーライター・糸井重里。この3本のジブリ作品はすべて糸井さんの作品で、とりわけ『もののけ姫』の惹句を作るのには苦労したと、御本人がメディアで語っている。何回も何回も鈴木プロデューサーとFAXでやりとりをした。そのあたりの経緯は、鈴木さんの著書『映画道楽』を参照されたし。

 ジブリ作品を宣伝するために、鈴木プロデューサーが心がけたことで、これまでの映画宣伝とは異なった点のひとつに「作品の中に入っていないことを、セールスポイントにしてはいけない」ということがある。これは鈴木Pが、初期ジブリ作品(『ナウシカ』か『ラピュタ』あたりか)のセールスポイントを挙げた際、プロデューサーを務めていた高畑勲監督から「お前は何を言っているんだ? そんなことが、この作品のどこにある?」と窘められたことがきっかけだそうだ。以来ジブリ作品の宣伝惹句に「宮崎監督最新作!!」や「●●万部のベストセラー、ついに映画化!!」などの、けたたましいフレーズが大きく扱われることは、基本的にない。あくまで内容本意に徹している。

 では糸井さんの惹句以前に、そもそも『もののけ姫』の宣伝コンセプトを決めるために、鈴木Pたちが何をしたか? まず行ったのが、絵コンテを媒介にして「この監督は何を考えて、この作品を作っているのか?」を探ることだという。これは以前、筆者が鈴木Pにインタビューした際、直接聞いたエピソード。「まるで検事と弁護士のやりとりですよ」と。アニメの場合、クリエイターである監督の考えや主義主張は、すべて絵コンテに反映される。その絵コンテを間に挟んで、鈴木Pと東宝の宣伝プロデューサー、そしてパブリシティ実務を行う宣伝会社・メイジャーの面々が口角泡を飛ばしてああでもないこうでもないと、さながら宮崎駿監督の脳味噌の中を探検し、それをどんな言葉で伝えれば、世間が『もののけ姫』という作品を受け入れてくれるかを徹底的に話し合う。決して安易な「宮崎監督最新作!!」といったフレーズで作品を語らない。そこで確定した宣伝コンセプトに従い、糸井さんに惹句を依頼する。『もののけ姫』で糸井さんが作った惹句「生きろ。」は作品を徹底的に分解して、宮崎駿という監督の脳味噌の中を探検するほどの姿勢で書かれた、まさに我が国映画惹句史上の名作だ。そしてこの惹句は、『もののけ姫』のみならず、『千と千尋の神隠し』『崖の上のポニョ』『風立ちぬ』といった、後の宮崎監督作品の惹句としても有効であるように思う。宮崎監督が作品を通して語りかけてきたメッセージを一言で言うのならば、やはりこの「生きろ。」こそが相応しい。特に最後の長編となった『風立ちぬ』のラストでは、堀越二郎を迎える奈緒子の台詞「来て」を、アフレコの段階で「生きて」と、宮崎監督は変更していることからも、その思いの強さがうかがい知れようというもの。

●”宣伝をしない宣伝”『ハウルの動く城』の方法論とは?

 さて我が国歴代ヒット作日本映画の部。その第2位『ハウルの動く城』の惹句も、極めてシンプル。

1 2 3次のページ
BOOKSTANDの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。